映画

  1. スポンサーサイト
  2. 愛の流刑地
  3. ブラック・ダリア
  4. タイヨウのうた
次のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

愛の流刑地

『愛の流刑地』(あいのるけいち)は、渡辺淳一の長編小説。2004年11月1日から2006年1月31日まで、「日本経済新聞」朝刊に連載。2006年に幻冬舎から刊行された。略称は「愛ルケ(あいるけ)」。新聞掲載時の挿絵は小松久子が担当。

かつては売れていた小説家と人妻との愛を描き、新聞掲載時から大胆な性描写などが話題になった。
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ブラック・ダリア

『ブラック・ダリア』(The Black Dahlia)は、2006年のアメリカ映画。ジェイムズ・エルロイの同名小説でLA4部作の第一作目「ブラック・ダリア」が原作。監督はブライアン・デ・パルマ。

全米公開に先駆けて2006年8月30日より開催の第63回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品、オープニング上映された。
⇒ブラック・ダリアの続きを読む
映画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

タイヨウのうた

『』は2006年6月17日に公開されたシンガーソングライターYUI主演の映画。

また、TBSで沢尻エリカ・山田孝之主演でドラマ化され、2006年夏期に金曜ドラマ枠で放送されました。

当初は1993年の香港映画、『つきせぬ想い(新不了情)』のリメイク企画を依頼されていたのだが、古い映画でありそのままのリメイクでは今の時代に合わないとの判断から、脚本家・坂東賢治が以前から温めていたオリジナル・ストーリーが採用された。奇しくも同じモチーフであるが、やはりストーリーは原作に比べ知識不足が多い(後述)。ちなみに『つきせぬ想い』は、1993年度、香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨で、最優秀作品賞、監督賞、主演女優賞などの主要6部門を独占しています。
映画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。