スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

香田 誉士史

香田 誉士史(こうだ よしふみ、1971年4月11日 - )は、佐賀県佐賀市本庄町出身の駒澤大学附属苫小牧高等学校硬式野球部監督。(選手時代は)右投げ両打ち。血液型O型。

1988年夏、1989年春夏に佐賀県立佐賀商業高等学校の中堅手として甲子園出場。1989年夏は本塁打も放つ。駒澤大学を卒業し、1994年の夏の甲子園では臨時コーチとして母校の優勝(サガテレビでゴールデンタイムで決勝試合を4日も流し、その全試合に出演)に貢献。

1995年に駒苫の社会科教員兼野球部顧問として就任。冬でも「千本ノック」を行うなど、冬場のアルバイトを用いてのトレーニングに尽力。2001年夏には駒苫を32年ぶりの甲子園出場(この時と2003年春夏はともに初戦敗退)、2004年には夏の甲子園の優勝に導き、優勝旗の津軽海峡越えに貢献。2005年の春のセンバツは2回戦で敗退したが、夏の甲子園では第30回大会(1948年)の小倉(福岡)以来、57年ぶり史上6校目の夏連覇を達成。さらに国民体育大会「晴れの国おかやま国体」の高等学校野球硬式部門も優勝、明治神宮野球大会も優勝し、2006年春のセンバツ出場枠を獲得したが、3年生部員の喫煙・飲酒による不祥事によってセンバツの出場を辞退したため、責任を取って一時的に監督を辞任し、5月に監督復帰。同年夏の甲子園は3連覇こそ逃すもチームを準優勝に導いた。

2005年8月には「第22回AAA世界野球選手権大会アジア選手権」の監督も要請されていたが、当時の野球部長の暴力事件が明らかになり辞退した経緯がある。翌夏の日米親善高校野球ではコーチを要請されたが、今度は体調不良で辞退した。

監督就任時から駒苫野球部が行っている、人指し指を1本だけ立てて「1」という決めポーズは、香田監督のアドバイス「ベストを尽くす為」からだという。このポーズは、愛知工業大学名電高等学校の選手たち等いろいろなチームの選手が真似をしている。 皮肉にも、駒苫野球部の3連覇を決勝で下して、2006年夏の甲子園に優勝した早稲田実業学校の野球部員も、勝利の瞬間、マウンドに集まってこのポーズを取っていた。
スポンサーサイト
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。