スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

大友 愛

大友 愛(おおとも あい、現:山本 愛、1982年3月24日 - )は日本の元バレーボール選手。ニックネームはユウ。VリーグのNECレッドロケッツに所属していた。

バレーボール・ワールドグランプリ2005ではエース・アタッカーとして活躍して全国的人気を博す。決勝ラウンドが出身地の仙台市で開催されたこともあり、地元仙台では、福原愛、宮里藍と共に 「仙台の3大 "あいチャン"」 と呼ばれた。
 
プロフィール
宮城県仙台市出身
身長:183cm 体重:72kg 血液型:O型 右利き
最高到達点(スパイク/ブロック):312cm/305cm
ポジションはセンター(ミドルブロッカー)。
コートネームはユウ(NECに入る前はアイ)。
中学1年生からバレーを始め、当時のバレーボール部監督にその素質を見出される。中学、高校共に通っている学校のチームとしては全国大会出場は無かったが、中学校時代には全国都道府県対抗中学バレーボール大会(現アクエリアスカップ)に宮城県代表として出場。また、オリンピック有望選手として選ばれる、高校時代では3年の時に世界ユース選手権で日本代表に選ばれて優勝に貢献する。高校卒業後はNECレッドロケッツに入団。また全日本女子チームのメンバーとなり、2001年のバレーボール・ワールドグランプリで代表デビューを果たす。 2003年、柳本晶一が監督に就任し全日本代表候補に選ばれるも、チームに馴染めずに自ら全日本女子チームの代表入りを辞退する。しかし、母と祖父の相次ぐ他界を機に、再挑戦を決意。2004年、アテネオリンピック最終予選前に全日本復帰、日本の2大会ぶりのオリンピック出場に貢献し、自らもアテネ五輪出場を果たした。そのアテネ五輪では、世界初のバックブロード(後衛の選手が横にブロードしてのバックアタック)を決めた。 最近では、本来のセンターのポジションに加えて、ライト(ウイングスパイカー)として試合に出場する機会が増え、前衛・後衛のどちらからも攻撃に参加する。

2006年1月13日、ビーチバレーボール選手山本辰生と結婚し、妊娠2ヶ月であることを発表。出産準備と育児の専念のためにしばらく休業することとなり、世界選手権では代表から外れることになる模様である。

2006年3月31日、NEC退職。
スポンサーサイト
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。