スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

木村 カエラ

木村 カエラ(きむら カエラ、本名:木村 カエラ りえ、1984年10月24日 - )は日本の女性ファッションモデル、歌手、タレント。  
東京都足立区生まれで中央区月島の中学校に通う。東京都立向丘高等学校卒業。 身長154.6cm。B82W59H83。血液型A型。左利き。ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)所属(T-BOOMにも在籍)。父はイギリス人、母は日本人のハーフ。カエラ(Kaela)とはヘブライ語で「最愛」の意味。趣味はギター、ピアノ、服作り。昔、神社で巫女のバイトをしていた。英語は子供の頃は喋れたが今は忘れて話せないらしい。ただし、後述のsaku saku番組内では発音が良い。 又、高校時代から「animo」という名前のインディーズバンドを続けており、2005年には「...of newtypes」というオムニバスCDにも参加していた。

2005年、ファーストツアー「4YOU」の最初の会場の最初のMCの台詞が、「木村~!」と声援をおくるファンに対しての「木村って言うな!木村って!」「バカヤロー!呼び捨てにすんな!」であった。また、SHIBUYA-AXでは、MCでいきなり「せまくない?ここ」と言った。これは会場が狭いことではなく、観客がたくさん入って狭くなっている事を指して言ったものであるが、後日saku sakuの番組内で面白おかしく突っ込まれたほか、東京スポーツでは「木村カエラ、女版毒蝮三太夫だった」という記事になった。

2006/06/06「HEY!HEY!HEY!(CX)」にて、ダウンタウン・松本人志につけられたあだ名は「ケツ毛ボーボー」

すべての面からノー・ダウトのボーカルグウェン・ステファニーの影響を受ける(モデル活動、バンドからシンガーになるなど)。 また、RUNCIDのTIMの大ファンでもあり、自らモヒカンフリークと名乗る。パンクロック思考や、アーチスト性が 高いとの業界からの評判で、スキャンダラスなフォーカス記事が出ても殆ど影響しない"脱アイドル/アンチアイドル" の数少ないミュージャンとしてオリジナルの道を確立した第一人者でもある。
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。