スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

相沢 英之

相沢 英之(あいざわ ひでゆき、1919年7月4日 - )は昭和、平成期の大蔵官僚、政治家。衆議院議員(9期)。  
相沢家は鎌倉時代以来の旧家でありそのルーツは横浜であるが教員だった父親の赴任地である大分県宇佐市で生まれた。 旧制横浜第一中学校(現神奈川県立希望ヶ丘高等学校、第一高等学校(現・東京大学)を経て、1942年9月に東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、大蔵省入省、主税局勤務となるが、陸軍に召集され、陸軍主計少尉となる。戦後、ソ連に抑留される。1949年に大蔵省に復帰、主に主計局畑を歩く。以後、理財局長、主計局長を歴任し、1973年には大蔵事務次官となる。田中角栄に目をかけられ、田中内閣時代に超大型予算を組むが、狂乱物価の一因になったとされる。1974年6月に退官。

経済企画庁官房長だった1969年、女優の司葉子と結婚し、話題となった。

1976年、第34回衆議院議員総選挙にで妻の出身地である旧鳥取全県区から自民党公認で立候補し初当選。以後、9回連続当選を果たす。官僚時代の田中との関係から当選後は田中派に所属すると思われていたが、金脈問題やロッキード事件で田中派入りを見合わせ、無派閥を通す。田中は、相沢の人物の浅はかさを指摘したといわれ、そのためか、初当選後10年近くは何のポストにも就けず、冷遇された。1984年に鈴木派(宏池会)入りし、以降自民党調査局長、経理局長、衆議院法務委員長などの役職を務めた。

1990年、第二次海部俊樹内閣の経済企画庁長官として初入閣。1998年12月には河野洋平、麻生太郎らと宮澤派を離脱し、河野グループに参加、会長代行を務めた。

金融危機にあたり、1998年8月に衆議院金融問題特別委員長に就任。2000年自民党金融問題調査会会長を務め、2001年7月には更迭された久世公堯の後任として、第2次森内閣の金融再生委員会委員長。2002年、自民党税制調査会会長に就任する。このころ、自民党税調が「インナー」と呼ばれる高齢の議員によって構成される幹部会によって壟断されていると批判される。

2003年、第43回衆議院議員総選挙に鳥取2区から立候補するも、多選・高齢批判などをかわすことができず、かつて自身の秘書を務めていた川上義博に破れ落選した。

2004年に史上最高齢の84歳で弁護士登録。(司法試験合格者は司法修習未終了でも国会議員在職5年と100時間の研修経て弁護士登録可能になった)

政界の一線から退いたものの、現在も河野グループ座長を務め、衆院議長として党と派閥を離れている河野の留守を預かっている。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。