スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

いちご100%

『いちご100%』は『週刊少年ジャンプ』誌上に2002年12号から2005年35号まで連載されていた、河下水希作の学園お色気ラブコメディー漫画作品。また、それを原作としたドラマCD、小説、ゲーム、アニメ作品等を指す。  
概要
2004年にドラマCD化・ジャンプフェスタにてオリジナルアニメが上映、2005年にはプレイステーション2にてゲーム化もされ、その人気を受ける形でついに同年4月~6月クールにテレビアニメが放送され、6月からは原作ともテレビアニメとも違うオリジナルストーリーで全4作構成のOVAが発売された。

また、単行本は2005年12月に発売された19巻で完結した。ストーリー、少年誌すれすれのお色気シーンなどで激しく賛否を別けつつもジャンプ誌の恋愛漫画としては最長である。初期から中期にかけては非現実的、あるいは都合のいいラブコメを展開していたが、終盤になると本格的なラブストーリーに変化していった。

ストーリー
中学三年生の真中淳平はある日の放課後、学校の屋上で偶然から少女の「いちごパンツ」を目撃してしまう。それ以来、真中はその少女が誰であるかを探し求めるようになる。少女の名は東城綾。しかし真中は、その少女を学年トップアイドルの西野つかさだと勘違いし、不思議な関係が始まる…!?

その後西野と付き合うことになったが、東城に惹かれていく真中。そしてそんな真中の様子に気付いた西野は真中への想いを胸に秘め、真中達とは別の高校へ進学する。 そして高校に入学した真中は、新しい同級生になった外村ヒロシ・北大路さつきを交え、東城・小宮山とともに映像研究会を立ち上げる。彼らは、学校に残されていた過去の映像コンクール応募作品を発見し、それを越える作品をつくろうと、東城の脚本・真中の監督という形で、毎年の文化祭での発表と、映像コンクールへの応募をめざして作品をつくる。そうした中で、真中の周りには、東城・北大路に加えて女子高に進学した西野・そして一つ年下の幼なじみ南戸唯も交えた、真中をめぐる恋の戦いの混戦模様を物語は描いていく。
スポンサーサイト
アニメ・漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。