スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

黄禍論

黄禍論(おうかろん/こうかろん,Yellow peril)とは、19世紀半ばから20世紀前半にかけてアメリカ合衆国・カナダ・オーストラリアなど白人国家において現れた、アジア人を蔑視し、差別した考え方。人種差別の一種。特に中国人と日本人に対して加えられた差別を指していう場合もある。 主な論者はヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝) とされる。ロシア帝国においては、アンチキリストが、アジアから現れると信じられ、恐れられた。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。