スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

千葉真子

千葉 真子(ちば まさこ、1976年7月18日-)は、女性長距離走者、マラソン選手。10kmロードアジア記録保持者。立命館宇治高等学校から旭化成、SACを経て、現在は豊田自動織機所属。京都府宇治市出身。身長155cm、血液型A。マラソンベスト記録は2時間21分45秒(2003年・大阪国際)。世界選手権で異種目複数メダル獲得という前人未到の快挙を成し遂げた偉大な選手である。
経歴
1996年 唐津ロード10kmに出場。31分44秒のアジア新記録を樹立。又兵庫リレーカーニバルの女子10000mで31分28秒15の日本新記録を達成(その後日本選手権で鈴木博美に記録を塗り替えられた)。同年に行われたアトランタ五輪の女子10000m代表となり、見事5位に入賞する(川上優子も7位入賞、鈴木は16位)。
1997年 アテネで行われた世界陸上の女子10000mで3位となり、銅メダルを獲得する快挙を成し遂げる。
1999年 シドニー五輪選考レースだった東京国際女子マラソンへ実質上の初マラソンとして出走するが、5位に終わる。
2000年 名古屋国際女子マラソンに出走予定だったが欠場を表明、シドニー五輪代表入りを断念(シドニー五輪女子マラソン代表は市橋有里、高橋尚子、山口衛里。高橋が優勝し金メダル獲得)。相次ぐ故障に悩まされ続け、旭化成を退社表明。マスコミは引退と報じられたが、その後千葉本人がそれを否定した。
2001年 小出義雄監督率いるSACに移籍。北海道マラソンで優勝し、復活した。
2003年 大阪国際女子マラソンに出走、自己最高記録をマークして2位となる。その後パリ世界選手権女子マラソン代表に選出、レース本番では2位の野口みずき(アテネ五輪代表内定)に続いて3位でゴールし、銅メダルを獲得した。世界選手権での複数回メダル獲得は、今まで千葉を含め3人のみであり(ハンマー投の室伏広治・400mHの為末大)、複数種目での獲得は千葉ただ一人である。
2004年 アテネ五輪女子マラソン代表選出を目指したが、大阪国際女子マラソンでは優勝した坂本直子に及ばず2位に終わり、惜しくも補欠代表に留まった(アテネ五輪女子マラソン代表は野口、坂本、土佐礼子。野口が優勝して金メダル獲得)。
2005年 前年の東京国際女子マラソンで4位に終わり、惜しくもヘルシンキ世界選手権代表を逃した。また、SACを退部し小出監督から独立。ヘルシンキ世界選手権ではTBSのレポーターを務めた
2006年 長野マラソンに出走したものの風邪による体調不良で、22キロ過ぎの地点で途中棄権となった。
2006年5月、TBSのバラエティ番組・関口宏の東京フレンドパークに荻原次晴(長野オリンピックスキーノルディック複合男子個人6位)と組んで出場。惜しくもグランドスラムは逃したが、エアコンと選択乾燥機を獲得した。
2006年8月27日、北海道マラソンを最後に引退を宣言。
スポンサーサイト
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。