スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

黒柳 朝

黒柳 朝(くろやなぎ ちょう、本名・くろやなぎ てふ(読みは「ちょう」)、1910年9月6日 - 2006年8月16日)は、随筆家。

北海道滝川市出身。岩見沢高等女学校(現・北海道岩見沢西高等学校)を経て、東洋音楽学校(現・東京音楽大学)卒業。在学中に知り合った夫・バイオリニストの黒柳守綱との間に女優の黒柳徹子(長女)、バイオリニストの黒柳紀明(次男)、エッセイストの黒柳眞理(次女)ら、5人の子供がいる。自伝「チョッちゃんが行くわよ」は、NHK連続テレビ小説『チョッちゃん』としてドラマ化され、「チョッちゃん物語」は、アニメ化された。又、敬虔なクリスチャンでもありました。

滝川市の”市の花”はコスモスであるが、これが制定されたのは黒柳の言葉がきっかけであったという。また、滝川市には600点ものアンティークを寄付した。名誉市民でもあります。

2006年8月16日、心不全のため死去。享年95。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。