スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ニンテンドーDS Lite

ニンテンドーDS Liteは、2006年3月2日(日本)に任天堂から発売された、携帯型ゲーム機。

ニンテンドーDSの上位モデルにあたり、基本性能をそのままに、より携帯性を高めて一回り小型軽量化がなされ、デザインも一新された。中国での名称はiQue DS Lite。
仕様
CPU : ARM946E-S 67MHz(メイン) + ARM7TDMI 33MHz(サブ ゲームボーイアドバンス向けソフトとの互換にも用いられる)
画面 : 3インチ(対角)透過型バックライト付きTFTカラー液晶ディスプレイ × 2枚 4段階の輝度調整可能
解像度 : 256×192、26万色表示
下画面に抵抗膜方式透明アナログタッチパネル付
入力 : 十字キー+6ボタン(A/B/X/Y/L/R)+START/SELECTボタン+タッチスクリーン+マイク(音声入力用)
Liteでは、START/SELECTボタンの位置がA/B/X/Yボタンの下側に変更されている。
通信機能 : IEEE802.11(Wi-Fi)対応および任天堂独自プロトコルに対応
無線通信による1カートリッジ対戦プレイ可能
内蔵ソフトピクトチャット使用で最大16台のDS間で文字や絵をワイヤレスでやり取りすることが可能
ワイヤレスLAN接続ポイントへ接続する事により、#ネットワーク通信も可能。
電源 : 内蔵リチウムイオンバッテリー(3.7V/1000mAh)、付属ACアダプタ(ゲームボーイアドバンスSP付属などのACアダプタと兼用不可)、パワーマネジメント機能搭載(DS用ソフト使用時のみ)
サウンド : ステレオスピーカー内蔵
ソフトによりバーチャルサラウンド可能
重量 : 約218g

変更された点

DS(上)とDS Lite(下)のタッチペン比較液晶
解像度・表示色数・画面サイズは従来型のDSと同じだが、半透過反射型カラーTFT液晶から透過型カラーTFT液晶に変更された。
4段階の輝度調整機能をもち、従来型よりも画面を明るくすることができる。より鮮明な画面でゲームを楽しめるようになった。
タッチペン
従来型に比べて1cm長くなり、直径も1mm太くなった。本体への挿入口は右側面になった。
電源スイッチ
電源はタッチペン挿入口近くの右側面に移動し、ボタンからスライドタイプのスイッチに変更された。
GBAカートリッジスロット
本体前面にある。ニンテンドーDSよりもスロット部が浅くなったために、通常のGBAソフトを挿入すると1cm(正確には1.1cm)ほどはみ出てしまう。
専用カバーが付属しており、ホコリ避けとして使用できる。
バッテリー
従来のDSに比べ、充電時間が減り、最長使用時間が増えている。
スピーカー
従来のものと比べ、若干音質が高くなっている。ただし、個体によっては音量が小さめになっているものもある。
電源オン・オフ時のポップノイズ(ポッ、プツッという音)が大幅に減らされた。

本体カラーバリエーション
以下の記述は特記事項のない限りは日本での発売日。なおアイスブルーとエナメルネイビーについては、製造上の問題により発売約1週間前の2006年2月24日に発売延期が発表された。

クリスタルホワイト(2006年3月2日~)
アイスブルー(2006年3月11日~)
エナメルネイビー(2006年3月11日~)
ノーブルピンク(2006年7月20日~)
スリークブラック(2006年6月23日~)欧州限定 日本・北米その他では発売未定
スポンサーサイト
ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。