スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

藤原 正彦

藤原 正彦(ふじわら まさひこ、1943年7月9日 - )は、満州国新京生まれの数学者、エッセイスト。専攻は数論、特に不定方程式論。

【博士の愛した数式 】(新品DVD)博士の愛した数式 1巻博士の愛した数式
新田次郎・藤原てい夫妻の次男。母・藤原ていは『流れる星は生きている』で、ソ連軍の満州侵攻当日、満州国気象台職員だった夫の特権を生かし、いち早く汽車で新京を脱出したものの、まもなく夫はシベリアに抑留され女手一つで子供三人を連れて1年がかりで帰還、生死を彷徨ったその満州からの引き上げ体験を綴りました。

アメリカ滞在記『若き数学者のアメリカ』(1977年)が話題となり、以後エッセイストとして人気を博している。身辺雑記からイギリス滞在記・満洲旅行記、数学者の評伝に至るまで対象は広く、端正な文章とユーモア溢れる筆致にファンが多い。現在は第二次世界大戦においてナチス・ドイツの暗号解読に暗躍したイギリスの数学者、アラン・チューリングを巡る物語「知りすぎた男たち」を「小説新潮」に連載中である。またここ数年来、父の絶筆『孤愁―サウダーデ』(ヴェンセスラウ・デ・モラエスの伝記小説)を書き次ぐ仕事を続けています。

読書を、“教養を獲得して人間の知的レベルを高める極めて重要な要素”、と位置付け、大学で1年生を対象とした読書ゼミナールを開いている。主に新渡戸稲造、内村鑑三、福沢諭吉の思想書や、宮本常一の民俗学の学術書等を読ませる。国語教育の重要性を説き、英語の早期教育を批判しています。

やや遊戯的な分野においても、藤原の定理とも呼ぶべき結果を証明している。ある数は、その各桁の数の和とその和を逆転させた形の数との積が、その数自身と等しくなる。1729を例にとると、

1+7+2+9=19
19×91=1729
この性質を有する自然数は、1,81,1458,1729の4つだけであることを定理は主張します。

自身、数学とは美と調和であると主張するが、藤原の定理の醜さを笑うニヒリストでもあります。

映画「博士の愛した数式」のヒットを機に、4ch(日本テレビ)、6ch(TBS)、8ch(フジテレビ)、10ch(テレビ朝日)、12ch(テレビ東京)から何故かその順番で出演依頼が来たが、「僕はラジオ向きだから」と断ります。

NHK教育テレビの「人間講座」で2001年に、教育論を語ります。

2005年11月に刊行された著書『国家の品格』が200万部を超えるベストセラーとなった。 同書で藤原は「論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神」が大切であると強調しています。

著書によると愛人との共同生活が夢らしいが、まだ実現していない模様。世間の女性の目が曇っているのか、美貌の奥方の目が恐いのか、理由は定かでない。ちなみに夫人はお茶の水女子大学で発達心理学を専攻し、カウンセラー・心理学講師・翻訳家として活動する藤原美子。『国家の品格』の著者インタビューで彼女の容姿を褒められ、彼は「顔なら私も絶対的自信がある」とコメントしています。

【博士の愛した数式 】(新品DVD)博士の愛した数式 1巻博士の愛した数式
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。