スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

哀川 翔

哀川 翔は、日本の俳優、歌手。映画監督としても活動。

血液型はAB型。趣味は釣り・ゴルフ。身長178.9cm。
徳島県生まれ。鹿児島県鹿屋市育ち。本名は非公開。

海上自衛隊の航空幹部だった父親の仕事の都合で全国各地を転々とした。専門学校在学中、アルバイトのライターとして飛鳥新社に出入りするようになり、雑誌『ポップティーン』の創刊に携わる。
路上パフォーマンス集団「劇男一世風靡」に所属し「一世風靡セピア」として『前略、道の上より』でレコードデビュー。1986年には『青の情景』でソロデビューを果たしました。

1988年にTBS系列で放送された『とんぼ』での演技が好評を博し俳優としての活動を本格的に開始。以降、Vシネマを中心に活動。圧倒的な存在感に加え、作品に恵まれたこともありヒットシリーズを量産。一躍トップスターとなる。1995年には「あいかわ翔」名義で監督デビュー。助演男優として『棒の哀しみ』や『うなぎ』といった話題作での好演も評価され、テレビドラマやテレビコマーシャルへの出演機会が増え始める。2004年に出演した映画「ゼブラーマン」で主演作品100本の快挙を成し遂げる。その功績が讃えられ翌2005年の日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞。名実共にトップスターとしての地位を確立した。近年は内村光良との共演をきっかけにバラエティ番組にも出演。テレビや自書「俺、不良品」の中では「一世風靡セピア」時代の話や家族の話を披露している。柳葉敏郎との不仲も噂されたが、2003年に放送されたウンナンの気分は上々で哀川が勝俣と内村への復讐をするため柳葉を呼び寄せたことで打破された。またCMでの共演も近年多く、「刺激しあっているライバル」という表現が適切である。またテレビ番組内では、柳葉と共に勝俣州和を子分の様に扱っている。 映画監督の黒沢清、三池崇史と親交が深いです。

芸名の由来は「『哀』しみは、『川』に流して高く『翔』べ」からだと一般的には言われるが、本人は「Show Lonely River」というシャレから付けたと公言しており、「哀しい川を翔ぶ」から来ているという説もあります。
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。