スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

檀 れい

檀 れい(だん れい、1971年8月4日-)は、元宝塚歌劇団月組、星組娘役トップスターで、女優。松竹エンタテインメント所属。宝塚時代の愛称は「だん」。京都府中郡(現在の京丹後市)出身。

幼稚園時代に学芸会でほめられたことがきっかけで、高校時代にファッション雑誌の読者モデルを経験するなど、人前に立つ仕事に興味を持つようになる。

よく勘違いされるのだが、女優 檀ふみとは親戚関係ではない。 兵庫県立浜坂高等学校を卒業した1990年に宝塚音楽学校に入学。

1992年、78期生として宝塚歌劇団に入団。同年『この恋は雲の涯まで』で初舞台。翌1993年、月組に配属。入団当初から美貌は際立っていたが、学校時代・入団後共試験の成績が悪く、そのため公演では全く役に恵まれなかった。

1996年『銀ちゃんの恋』の玉美役(日本青年館公演のみ)、1997年『FAKE LOVE』のシモーネ役などで、思い切った芝居のできるところをみせ、注目を集めるようになる。

1997年に雪組に組替えし、1999年『浅茅が宿―秋成幻想―』で最初で最後の新人公演ヒロイン。直後に組替えで月組へ戻り、真琴つばさの相手役として大抜擢を受け、娘役トップスターに就任。 だが実力の備わっていない檀を娘役トップにするこの人事は、ふさわしくないと批判や疑問視が多く公式bbsが閉鎖する程の騒ぎとなった。

2001年、真琴の退団に伴い専科へ異動。娘役トップの専科異動は、異例のことだった。 外部出演などを経験するうちに元々の芝居好きが空回ることが少なくなり、『風と共に去りぬ』ではメラニー役を好演。また、月組時代に引き続いて2度目の中国公演を経験し、またも「楊貴妃の再来」と人気を博した。

2003年、湖月わたるの相手役として星組娘役トップに、歌劇団史上初の返り咲き就任を果たす。2005年8月14日の『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!』東京公演千秋楽をもって退団。退団後は女優として活動する。

宝塚時代の同期に大空祐飛、瀬奈じゅん(共に月組)、貴城けい(宙組)らがいる。

SMAPの木村拓哉主演映画「武士の一分」で木村の妻役に抜擢される。内容は妻の復讐をするというもの。

2006年6月20日からライオン (企業)の美容飲料「キュプルン」のCMに出演。「ねぇ~あの人キレイ!!」と噂される役。
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。