スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

HIS

HIS(ヒズ)は、細野晴臣、忌野清志郎、 坂本冬美のメンバーで構成された音楽ユニット。

東芝EMIの創立30周年記念イベント『ロックが生まれた日』で競演した忌野と坂本が (このときは三宅伸治と三人でSMIを名乗った)、 作品化しようということで、 細野晴臣をプロデューサー兼メンバーとして迎えてこのユニットが誕生した。 HISという名称は各人の頭文字を取ったものである。また、衣装は主に学生服、セーラー服を着用した。

『ロックが生まれた日』では7曲全部コピー曲だったが、 アルバムでは14曲中 5曲とし、あとはオリジナル曲となった。

タイトル曲『日本の人』は、 細野の器楽曲『中国の人』に忌野が詞をつけて生まれ変わった曲。 また、同曲は、国立劇場企画公演『現代民族音楽2 沖縄の旋律』 (1992年、音楽監督 細野晴臣)にて、 上野耕路のアレンジで『沖縄の人(中国の人、日本の人)』という曲 としても演奏されている。

なお、忌野と細野は、1990年2月のローリング・ストーンズ 日本公演の楽屋で出会うまでほとんど会ったことがなかったという。

2005年、14年ぶりに三人が曲を製作、坂本名義にてリリースされた。
スポンサーサイト
歌手 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。