スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

山本 耕史

山本 耕史(やまもと こうじ、1976年10月31日 - )は、俳優。東京都新宿区出身。身長179センチ、血液型B型、体重65キロ。 歳の頃からモデルとして活躍。その為、芸歴はほぼ年齢と同じくらい。劇団若草に所属後、フリーで活動。
『レ・ミゼラブル』初演の、少年革命家ガブローシュ役から、本格的な芸能活動を開始。同作では後年マリウス役も務める。
16歳のころ『ひとつ屋根の下』の文也役で広くお茶の間で知られるようになるが、本人は役柄と自分の性格にかなりギャップがあったため世間から「文也くん」と呼ばれることを切なくおもっていたらしい。すばらしい熱演でお茶の間の涙をさそったが、後にやっつけ仕事だったと語っている。
1998年上演の『RENT』でマーク役を演じ、役者観が変わる。
2004年にはNHK大河ドラマ『新選組!』で土方歳三役を演じた。彼の容姿が実際の土方歳三とよく似ていたため、三谷幸喜は4年前から目をつけ、2004年のスケジュールを空けるようにあらかじめ頼んでいたという。その演技は長年に渡り映画・ドラマ「燃えよ剣」などで土方役を務めた栗塚旭(同作では兄・為次郎役)が「やっと次にバトンを渡せる(任せられる)」と言ったほどで、これが当たり役となり知名度・人気が飛躍的に高まった。
2005年、『NHK紅白歌合戦』の白組司会に抜擢された。
2006年、『新選組!』の続編・NHK正月時代劇『新選組!! 土方歳三 最期の一日』において、同じく土方歳三役としてTV初主演。多数の視聴者の要望によって大河ドラマとしては初の続編制作が実現した。
2006年4月9日から全6回に渡って放送されたNHK土曜ドラマ『マチベン』(主演:江角マキコ)に元エリート弁護士・神原啓吾役で出演。撮影中に共演者の中島知子が脚本の台詞をやや誇張して何度も「青リンゴ」と神原を称したのが視聴者の間で定着した。
現在、芸人山口智充がMCをつとめる日本テレビ·水曜深夜番組『MusiG』のレギュラーで、「今週の丸投げ」で毎回お題を出され、山口と歌を作り、ギターセッションをしていく。


主に舞台を活動の中心としており、多くのミュージカルに主演している。ミュージカルで鍛えた歌唱力は素晴らしく、KOJI YAMAMOTO & K.D.earthとしてインディーズCDをリリース、ライブ活動もしている。
趣味はギター、テーブルマジック、けん玉など。ギターを教わったのは『レ・ミゼラブル』の初演で共演した野口五郎から。当時野口はマリウス役だった。
三谷幸喜から、たびたびケヴィン・スペイシーに似ていると言われている。
大河ドラマの楽屋では、多忙で孤立しがちな主演の香取慎吾を共演者と交流させるべく尽力、隊士役の俳優たちとの交友関係は撮影終了も長く続くことになる。三谷からは「耕史がいなかったらこの結束は生まれなかった」と言われ本人も「芝居よりその役目に必死だったほど」と語る。
2005年末の第56回NHK紅白歌合戦にて、前川清を紹介する際「やまかわ…」と言いかけてしまうハプニングがあった。これは続けて山川豊が出演を控えていたこともあり、また総合司会のみのもんたの話が長く、時間が足りなくなったためにスタッフが目の前で慌しく指示を出していたせいもあったとの後日談がある。
前川は歌唱後「山川でした」とおどけて見せ、のちのインタビューでは「話題になり、却ってよかった」と発言。みのは放送中第35回NHK紅白歌合戦での"ミソラ騒動"まで引き合いに出し「やっちゃったね」と振り、山本から「やっちゃいました。皆さんごめんなさい」と詫びの言葉を引き出すタイミングをうまく作った。経験のない大舞台での司会が生放送までわずか3週間ほどになったところで突如決まり、緊張の極みにあった山本を周りがフォローする形で円く収まった。
2006年冬、トリノオリンピックのフィギュアスケート・男子シングルで金メダリストとなったエフゲニー・プルシェンコ選手と容貌が似ていると、双方のファンの間で話題になった。
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。