スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

堂上 直倫

堂上 直倫(どのうえ なおみち、1988年9月23日 - )は、日本の野球選手。愛知県春日井市出身。2006年現在は愛知工業大学名電高等学校に在学中。父は元中日ドラゴンズ投手の堂上照、兄の堂上剛裕も中日ドラゴンズ所属。超高校級スラッガーと呼ばれるが、熱闘甲子園(テレビ朝日系列)では尾張のプリンスと紹介された。 - 小学校時代では、「名古屋北リトル」で野球を始めた。そこでは、投手のほかにも遊撃手の守備についた。中学校時代でも、知多中学校に在学し、「名古屋北シニア」で遊撃手の守備についたとのこと。 2003年、ナゴヤドームで行われたドラゴンズのファン感謝デーで「リトルシニア東海選抜」の4番遊撃で出場し、投手を務めた福留孝介選手から左翼席へ本塁打を放った。その際、インタビューで“僕もずっと中日ファン。いつかはここでプレーしたいと思っている”と語っている。この夢は現実のものとなった。

中学卒業後は、野球の名門校として知られる愛知工業大学名電高等学校に入学。1年生からレギュラーを獲得し、2005年春の選抜高等学校野球大会では、4番に座り2本塁打を記録し優勝に貢献した。同年9月には全日本高校選抜として、韓国で行われた第六回アジアAAA選手権大会に参加し、2本塁打で最多本塁打のタイトルを獲得。ポジションは遊撃手、選抜優勝時には三塁手だった。高校通算55本塁打で(現在)、他校の捕手からどこに投げても打たれるから投げる球が無いと言わせるほどのバッティングセンスの持ち主。ちなみに、55本の高校通算本塁打は、愛知県の高校野球史上最多タイ記録である。

2006年夏の甲子園に向けた愛知県大会では14打数7安打と打率5割を記録するも、10四球と勝負を避けられる場面が多かった。それでも準決勝の春日丘戦では3点差で迎えた9回2死無走者から逆転のきっかけとなる内野安打を放つなど、県大会優勝の原動力として活躍。しかし、本大会では初戦敗退を喫した。

高校時代の甲子園3大会(05春、05夏、06夏)の通算打率は.480。

2006年ドラフト会議にて、中日、阪神、巨人から1位指名を受け、中日が抽選で交渉権を獲得した。これにより、父・兄と同じチームに入ることになる。 余談ではあるが、兄は現役選手、父はドラゴンズの寮『昇竜館』の館長。
スポンサーサイト
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。