スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

木梨 憲武

木梨 憲武(きなし のりたけ、 男性、1962年3月9日 - ) は、日本のお笑い芸人。東京都世田谷区出身。お笑いコンビ・とんねるずの”頭(かしら)”、小さい方(自分では「ずるねんとちゃいちい方」と言っている)だが、身長178cmの長身。相方は石橋貴明。妻は女優の安田成美で、間に2男1女。血液型はO型。

愛称「ノリさん」。石橋貴明とヒロミの2人は「憲武」と呼ぶ事が多いが、時々「ノリちゃん」と呼ぶこともある。ちなみに勝俣州和は「憲武さん」。
とんねるずとしてのデビュー直後は、相方である石橋貴明が番組内で強烈なまでの暴走を繰り返す事に対し、木梨はその石橋をなだめたりする「ストッパー」的な役割を果たしているとの印象が強かった。実際、とんねるず活動初期は女子的な言い回し(「やだーうそー」「しんじらんな~い」「オペロンペロン」等)を多用したり、暴れる石橋を実況風に説明する、コントでは奇特な女性のキャラクターを演じるのはほとんど木梨である、などの行動から相対的にに「良い人」と見られるイメージがあった。

しかし、実際のところは石橋と共に暴れたりする際には、よく見ると木梨のほうが実はもっと大暴れしている、というシーンもあるなど、ある意味石橋よりも過激な一面も持ち合わせている。しかし、そのキャラクターイメージは石橋の影に隠れたせいか、木梨のイメージとしてはソフトなものとして統一されており現在でも、CMや自らのソロ出演番組ではそのお人よしな性格でお茶の間の好評を博している。

コントなどでは、その高い表現力を生かしたキャラで独特の芸風を披露し、「とんねるずのみなさんのおかげです」「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」でのコントキャラクター数の豊富さでは相方の石橋を凌駕する。特に「生ダラ」でのロケ企画の際には「木梨憲武」として出る回数と「なんらかのキャラを施した木梨憲武」として出る回数はほぼ半々だったほど。

「憑依芸人」と呼ばれるジャンルがあるが、木梨の演じるキャラクターはまったくの逆でむしろ自らのイメージを利用したり、勘だけで作り上げた「奇特人間」を演じる事がほとんどである。そのため、彼の演じるキャラクターには「人間・木梨憲武」がフィードバックするようなキャラクターが多数存在する。その事はキャラクターの多くに木梨本人の名前の一部が組みいっている事や木梨本人のパーソナリティを押し出したキャラが多い(例:「ノリ夫」「ノリ子」「ノリユキ」「仮面ノリダー」「木梨ノリゾー」「木梨憲太郎」「憲三郎」「祖師谷ーズ1号」「モジ三(父・作三から一文字拝借)」などなど)事から見てとれる。

運動センスのよさから生み出されるコミカルな動きは木梨独特の芸風の一つとなっており、1999年まで開催されていたとんねるずのコントライブ「こんと いん なえば」では、時々繰り出されるアドリブの動きで石橋や他の共演者の度肝を抜かすこともしばしば。また、若手芸人をツッコむ際に軽く叩けばすむところを本気でグーパンチしたり延髄蹴りを見舞うなど、奇想天外な発想の動きが目立つ。

嗜好としてはかなりな庶民派で「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「食わず嫌い王決定戦」ではゲストのお土産に高級なものや珍しいデザートが出てくると、困惑の表情を浮かべる事が多い反面、ご飯に合う食べ物が出てくると周囲を無視するほど没頭して勢い良く食べるシーンが展開される。その際に牛丼チェーン「吉野家」の素晴らしさを何度も公言したため、「吉野家」から「名前入りマイどんぶり」と「牛丼並半永久カード」が進呈される。また、「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」でハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」の研修に行った際に共演の勝俣州和と共に「半永久バリューセット無料カード」なるものを贈呈され、感涙にむせぶほどの喜びを表した。

何でも出来る器用さが目立ちソロでのドラマ出演やCD発売も目立つ。96年には「憲三郎&ジョージ山本」名義で「NHK紅白歌合戦」に出場。そのため、木梨は「NHK紅白歌合戦」において別名義での初出場3回(1991年:とんねるず、1996年:憲三郎&ジョージ山本、1999年:野猿)という珍しい経験の持ち主となった。過去これを達成しているのは木梨と後藤真希、そして小室哲哉の3人だけという珍記録。
もう一つ、「みなさんのおかげです」内で結成された矢島工務店にも初登場の可能性があったが、こちらは徳永善也の逝去により再結成不可能となっている。

ファッションセンスの良さはお笑い界のみならず、芸能界でも随一との評判。ココリコ・遠藤は木梨のファッションを真似することが多い、と公言。実際に木梨に影響を受けたであろうファッションを番組内で見受けられることが多い(しかし、夫人である千秋からは「憲武さんは線が細いから似合う服装なんだからあなたが着ても似合わない」と止められているという)。

趣味もゴルフ、競馬、サッカー、アートと多彩。特にアート面では、今や木梨のライフワークの一つともなっている(後述参照)。

サッカーでは、帝京高校時代に全国高等学校サッカー選手権大会の予選決勝で途中出場した経験あるほどの実力の持ち主(全国大会では直前にベンチ入りメンバーを外された)。国立霞ヶ丘陸上競技場でもプレイした。同期には三菱(現浦和レッドダイヤモンズ)でプレーしたサッカー解説者の川添孝一、浦和Jrユース監督の名取篤がいる。

現在も芸能界随一のサッカーフリークであり、ワールドカップフランス大会前は、テレビ番組の企画でヨーロッパでプレーする名選手達にPK対決を仕掛けるなど、日本代表の盛り上げに一役買った。実際のプレーに関しては芸能界で群を抜いており、同じサッカー経験者の明石家さんまは、木梨の出現により番組でプレーすることを止めているという。


音楽作品
コンビを離れて単独で活動しているもののみ。

1996年 :憲三郎&ジョージ山本
山本譲二との演歌デュオ。『浪漫』で同年の「NHK紅白歌合戦」にも出場した。
2002年 :ジャムセッション: 木梨憲武 + 忌野清志郎
サッカー日本チーム応援歌『ガンバレ日本』で唄と作詞を担当。
2006年:R&Bユニット:あじさい
ソロライブ「NORITAKE GUIDE」から生まれたユニット。
メンバーは木梨、HI-D、渡辺豊、渡辺格、坂本竜太、矢吹俊郎、大平勉。
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。