スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ムツゴロウ 畑 正憲

畑 正憲(はた まさのり、男性、1935年4月17日 - )は、日本の小説家、エッセイスト、生物学者。愛称、「ムツゴロウ」。日本エッセイスト・クラブ賞(1968年第16回)、菊池寛賞(1977年第25回)受賞。 プロフィール
福岡県福岡市生まれ。その後父が満州国に医師として赴任したため、幼年時代を満蒙開拓団の村で育つ。大東亜戦争のさなかに兄の受験に同行して帰国、中学、高校時代を父親の郷里である大分県日田市で過ごす。この間、終戦を迎え、満蒙開拓団の幼馴染はほとんどソ連軍の攻撃を受け集団自決で死亡、両親と弟だけが必死の逃避行の末帰国を果たす。このことにより、両親と生死を共にした弟と、日本で安全に暮らしていた自分との間に深い溝を感じるようになり、また幼馴染をほとんど全て集団自決で亡くしたことによる、根深い人間不信、人間嫌いの心情を抱くようになったことを、自分自身の随筆やインタビュー記事で告白している。これは、元来の自然史好きの傾向にくわえて、コンラート・ローレンツとの対談で自らを「クレイジー」と言わしめるほどの動物好きに傾斜していったことと無関係ではないかもしれない。

理学部動物学科に進学するか、文学部哲学科に進学するか悩み、どちらにも、また父の望む医学部にも進級できる東京大学理科二類に現役で合格、結局医師である父に内緒で、理学部動物学科を選択し、動物学を専攻。学部卒業後に大学院理学系研究科修士課程に進学してアメーバの生理学的研究に携わり、この頃、日本における動物行動学の草分けである日高敏隆や、ピジョンミルクの研究で東大の研究室に出入りしていた常陸宮正仁親王とも親交を持つ。しかし、研究の途上で文学の世界で生きるか、研究者の世界で生きるか悩み、自殺寸前まで精神的に追い詰められ、(恐らくだが)未修了のまま逃げるように研究室から姿を消す。本人は書類上修了になっているか未修了になっているのかを確認していない。東大駒場時代は駒場寮に住み、数匹の犬を飼っていたが、その犬が東大空手道部員により勝手に学園祭で食用として食われてしまったと自身のエッセイで告白している。駒場寮廃寮問題が持ち上がったとき、「あんな汚い物いち早く潰してしまうべき」と率先して廃寮に賛成。余り良い思い出は無いようである。

その後学習研究社の映像部門に就職し、理科関係を中心に学習映画などの作成に携わる。しかし、社の成長による巨大企業化と、それによる社風の変質を嫌い、社長に直訴状を送って退職。文筆業に専念することになる。文壇では北杜夫に傾倒し、彼の作品を何度も肉筆で筆写して文体を修行した。余談だが、ファンらしく無人島に移住する前に北杜夫にわざわざ手紙を出して報告したらしい。

日田市の高校生時代の幼馴染と結婚して設けた娘を生物に深く触れさせて育てたところ、魚も命を奪って食べることを拒絶するようになったことに衝撃を受け、もっと深く生の自然に触れさせて、表面的な生き物好き的な精神の虚弱さを払拭させて育てることを決意して東京を離れ、北海道厚岸郡浜中町の嶮暮帰島に移住。ここで多くの動物を飼育しながら文筆生活を送るうちにヒグマとの生活を描いたエッセイや、天然記念物に指定された動物の保全の現状を追跡したルポなどで文壇の中での成功をおさめる。彼の動物との共生生活を描くエッセイに共鳴して押しかけてこの共同生活に加わる若者が増え、この共同体の姿がテレビ番組としてシリーズ放映されて人気番組になったこともあり、「ムツゴロウ動物王国」を開園した。しかし、「ムツゴロウ動物王国」は原則非公開だったため、北海道で培ったノウハウを生かし都会の人々に動物にふれあってもらうというコンセプトで、2004年、東京都あきる野市の東京サマーランド内に観光施設としての「東京ムツゴロウ動物王国」を開園した。北海道には一部のスタッフや動物が残留したが、事実上「ムツゴロウ動物王国」は東京都に移転したことになる。

また、麻雀への造詣も深く、日本プロ麻雀連盟の相談役もつとめる。麻雀の腕は相当のもので、2005年現在も存在するタイトル戦「十段位戦」は、あるプロ雀士が「連盟の最高位は九段だが、ムツゴロウさんは十段の実力の持ち主」と評したことにちなんで創設された。ちなみにこの大会には自ら出場し3回優勝している。徹夜麻雀が大好きで、ムツゴロウ王国で「誰かがぶっ倒れるまで打つ」というコンセプトの下、不眠不休で半荘40回を戦打ち続ける「雀魔王戦」というタイトル戦が行われていたこともある。この大会にも自ら出場し第1回・第2回と連覇している。伝統のタイトル戦「最高位戦」は、畑の提唱により創設された。昭和麻雀十傑の一人にも選ばれた。
氏の上記の雀豪ぶりから麻雀漫画家の片山まさゆきは彼を「ウツゴロウ」と評した。また、アーケードゲーム『麻雀格闘倶楽部』のバージョン5では、プロの1人としてゲームに参加している。

元西鉄ライオンズ投手の畑隆幸は従兄弟である。西鉄が東京に遠征に来た時には、彼は球場によく足を運んでいたと言われる。 また変な食べ物が大好きなことでも知られる。ミミズやアメーバを集めて食べてみたこともあるらしい。

著作
天然記念物の動物たち(天然記念物に指定された動物の置かれた現状を鋭く描写したルポルタージュシリーズ)
オオサンショウウオの川
人魚の国
北の鷲
梟の森
雷鳥の山
北限の猿
オロロンの島
海亀の浜
馬の岬
ムツゴロウシリーズの随筆
ムツゴロウの青春記
ムツゴロウの結婚記
ムツゴロウの博物誌
続ムツゴロウの博物誌
続々ムツゴロウの博物誌
ムツゴロウの動物巷談
ムツゴロウの無人島記
ムツゴロウの大勝負
ムツゴロウの大漁旗
ムツゴロウの動物王国
続ムツゴロウの動物王国
ムツゴロウの獣医修業
ムツゴロウのため息
ムツゴロウの愛馬行進曲
ムツゴロウの雑居家族
ムツゴロウの少年期
ムツゴロウの絵本1~4
ムツゴロウの放浪記
ムツゴロウの根釧原野
ムツゴロウの馬 ショートショート
ムツゴロウのオーストラリアふしぎ旅
ムツゴロウの猫読本
ムツゴロウの雑食日記
ムツゴロウの世界博物志
ムツゴロウの 娘よ
ムツゴロウの自然を食べる
海からきたチフス(ISBN 4797491957、旧題:『ゼロの怪物ヌル』) ジュブナイルSF小説
畑正憲の精密麻雀
※余談だが、1970年代後半(?)~80年代、小学館と学習雑誌(小学1~6年生)の記事執筆で専属契約を結んでいた(当然「ムツゴロウシリーズ」や『子猫物語』も多く誌上で連載された)。本家ともいうべき学習研究社の学年誌(1~6年の学習/科学)で、彼の作品掲載が小学館に比べて少ないのはこうした事情によるものである。

出演番組
ムツゴロウと愉快な仲間たち(フジテレビ)
この番組内で数々の猛獣と体で当たっていく姿は有名で、一度ライオンと戯れていた所、右手中指第一関節から上を食い千切られてしまった映像が放映された。
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。