スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

のだめカンタービレ

『のだめカンタービレ』は、女性漫画誌「Kiss」(講談社)で2001年から連載されているクラシック音楽をテーマとした二ノ宮知子作の漫画作品である。2004年、第28回(平成16年度)講談社漫画賞少女部門受賞。

ちなみにカンタービレとは、発想記号の一つで「歌うように」という意味である。

2006年10月からフジテレビの月曜21時枠でドラマ化、2007年1月から同じくフジテレビのノイタミナ枠でアニメ化される。
あらすじ
ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音楽大学生千秋真一は、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。担任の教授との口論の末決別、別れた彼女にもつれなくされて自暴自棄になっていたある日、ゴミ溜めと悪臭の中で美しいピアノソナタを奏でる変態女の姿を目にすることになる。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)。なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。

第一印象は最悪極まりなかったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。以来のだめの才能を引き出すべく、なんだかんだと彼女に関わるようになる。

見た目は無愛想だが、本人も意識せず面倒見が良い性格からか、のだめをはじめとする音大の変人たちになつかれ、順調に道を踏み外しながらも、千秋は新しい世界、そして指揮者への道を一歩一歩切り拓いていく。


テレビドラマ

2006年10月16日から『のだめカンタービレ』が連続ドラマとして放送が開始した。初回は15分拡大の22:09までの放送。主演は上野樹里と玉木宏の二人で、共に月9ドラマ初主演となる。

なお、ドラマ化の話は以前にもあり、同じく上野樹里主演でTBSの2005年秋季(10月~12月)金曜ドラマ枠で放映する予定だったが、一部出演者の芸能事務所と原作者との間で意見の相違(特に主題歌をJ-POPにするかクラシックにするかで衝突)が見られ結局製作は見送られた。この時かわりに製作されたのが花より男子である。このため今回のフジテレビでは原作者の意見を取り入れ主題歌はクラシックとし、TBSドラマで上野と共演するはずだった芸能事務所からは誰もキャスティングされていない。

登場人物
キャラクターの基本設定については、「のだめカンタービレの登場人物」を参照のこと。

ここでは、ドラマ版独自の設定や、原作との違いについて記述するものとする。
野田恵 (のだめぐみ) 〔上野樹里〕
このドラマの主人公だが、全くヒロインらしくない。
千秋真一 (ちあきしんいち) 〔玉木宏〕
このドラマのもう一人の主人公。
峰龍太郎 (みねりゅうたろう) 〔瑛太〕
三木清良 〔水川あさみ〕
奥山真澄 〔小出恵介〕
多賀谷彩子 〔上原美佐〕
大河内守 〔遠藤雄弥〕
佐久桜 〔サエコ〕
石川怜奈 〔岩佐真悠子〕
田中真紀子 〔高瀬友規奈〕
玉木圭司 〔近藤公園〕
橋本洋平 〔坂本真〕
鈴木萌 〔松岡璃奈子〕
鈴木薫 〔松岡恵望子〕
岩井一志 〔山中祟〕
金城静香 〔小林きな子〕
井上由貴 〔深田あき〕
金井 〔小嶌天天〕
峰龍見 〔伊武雅刀〕
桃平美奈子 〔秋吉久美子〕
江藤耕造 〔豊原功補〕
河野けえ子 〔畑野ひろ子〕
谷岡肇 〔西村雅彦〕
落ちこぼれ専門の教師であり、通称「オチ専」。のだめの「奇特な音楽センス」と「奇抜な習性」に、みごとに対応している。千秋の問題点を見抜き、のだめとのピアノ協奏を薦める。
セヴァスチャーノ・ヴィエラ 〔ズデニェク・マーカル〕
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 の現首席指揮者。
フランツ・フォン・シュトレーゼマン 〔竹中直人〕
「ミルヒ・ホルスタイン」という偽名を名乗っている。
スポンサーサイト
アニメ・漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。