スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

僕の歩く道

僕の歩く道(ぼくのあるくみち)は、関西テレビの企画・制作によりフジテレビ系列で2006年秋季に放送される連続テレビドラマである。同年10月10日から毎週火曜日の22:00~22:54(JST)に放送されている。初回は15分拡大の23:09までの放送。また第2話は22:15スタート。
ワンセグ放送にて連動データ放送を行っている。

主演はSMAPの草剛で、「僕の生きる道」(2003年冬季)「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年冬季)に続く橋部敦子脚本の"僕シリーズ3部作"の完結作である。

尚、"僕シリーズ"は草の他、小日向文世と大杉漣、浅野和之も3部作全ての登場、長山藍子は3部作の2作目「僕と彼女と彼女の生きる道」からの続投となる。また、僕シリーズとしては初の障害者を題材としたストーリーであることから、公式ページには放送前からさまざまな意見が寄せられていた。

3部作は話の連続性がなく独立している。本作のキャッチフレーズは「Everybody is perfect」「生んでくれてありがとう」「障害だって、個性といえる世の中になってほしい」を掲げている。
あらすじ
主人公の大竹輝明(草剛)は先天的な障害により、10歳程度の知能までしか発達しなかった31歳の自閉症の青年。家族は、母の大竹里江(長山藍子)と妹の大竹りな(本仮屋ユイカ)の3人暮らしだが、二世帯住宅の家に、輝明の兄・大竹秀治(佐々木蔵之介)の家族も住んでいる。輝明は、幼なじみで、動物園の獣医である松田都古(香里奈)に動物園の飼育係をやってみないかと勧められ、動物園で働くことになったが…。物語は、輝明の純粋かつ直向きに生きる姿を描く。

キャスト
大竹輝明(31)・・・草剛(SMAP)
主人公。「自閉症」という先天的な脳障害があり、10歳児程度の知能までしか発達しなかった31歳の青年である。人とのコミュニケーションがうまくとれないうえ、周囲の無理解や差別的な扱いが原因で、やる気はあるのになかなかひとつの仕事を続けることができないでいた。幼なじみの都古の勧めにより、動物園で試しに2週間働く事になる。
発達障害の特徴としては、彼の場合、色に対しては黄色を好む傾向があり、毎日黄色い何かを身につけている。他にも「カレーはチキン入り以外は食べない」、「都古への手紙の書き始めから書き終わりまでを3行で完結させる」、「特定の場所で自転車の鈴を鳴らす」といった強いこだわりをもつ。また、一部サヴァン症候群の傾向も見られ、「ツールドフランスの歴代優勝者が言える」、「その日に何が起こっていたかを瞬時に思い出せる」といった記憶力に関する特徴もある。あまり親しくない人と目を合わせる事は苦手。「最近どう?」といった抽象的な会話や指示は苦手(何が答えなのか分からず対応出来ない)だが、事前に具体的な指示や例があればきちんと対応出来る。大きな音や予想外の出来事でパニックを起こすことがある。パニックになると、ツールドフランスの歴代優勝者を復唱する。
松田都古(26)・・・香里奈
動物園の獣医。輝明の幼馴染であり「テル」と呼ぶ。そのため彼をサポートし周りの理解を得ようとしている。獣医の河原と不倫中。料理が得意。
大竹秀治(35)・・・佐々木蔵之介
輝明の兄であり真樹の夫。輝明は健常者と一緒の仕事をすべきではないと考えている。
大竹りな(21)・・・本仮屋ユイカ
輝明の妹。典型的な女子大生だが、両親の愛情のほとんどを兄に持って行かれてしまったことに対して複雑な感情を抱いている。
堀田丈二(39)・・・加藤浩次
輝明の主治医であり、カウンセラー。輝明はもともと精神科医の父親から引き継いだ患者。冷静沈着で優秀な医師であり、真摯な態度で輝明に接するが自分のデータにない行動をとる輝明に対して興味を示す。
大石千晶(26)・・・MEGUMI
都古の親友のOL。
三浦広之(26)・・・田中圭
動物園の若手飼育係。典型的な現代風の青年で、輝明と一緒に仕事をするように命ぜられるが、輝明の独特の行動がなかなか理解できず困っている。
大竹幸太郎(11)・・・須賀健太
真樹と秀治の息子。母に言われるがまま、東京大学に入学するために勉強をしているが、当人の意志は定かでない。
大竹真樹(35)・・・森口瑤子
秀治の妻。息子の幸太郎を将来東京大学に入学させる事にはとても熱心。姑の里江のことはあまり快く思っていないらしい。
河原雅也(32)・・・葛山信吾
獣医。妻子がいるにも関わらず、密かに都古と不倫中。
亀田達彦(50)・・・浅野和之
謎のロードレーサー
古賀年雄(45)・・・小日向文世
動物園のベテラン飼育係。
久保良介(50)・・・大杉漣
動物園の園長。
大竹里江(60)・・・長山藍子
輝明の母。輝明を非常に愛しており、健常者と一緒の仕事をしてほしいと考えている。

主題歌
「ありがとう」SMAP
 作詞/作曲:MORISHINS'、編曲:REO(ビクターエンタテインメント)

その他
主人公の輝明は黄色に対して強いこだわりを見せていることから、公式HPやmagabonでは敢えてそれに倣い黄色調の色彩で構成されている。
番組では終了時に「自閉症の症状は本作にでていることが全てではない」と言った意図のテロップを付けている。実際に本作を見て「自閉症患者には特別な能力(記憶力など)」があると勘違いする人も少なからず存在するようであるが、実際にはそのような能力のまったく存在しない自閉症患者も大勢存在し、むしろこの作品の主人公のように何かしらのずば抜けた能力が存在することは稀であるとされている。
スポンサーサイト
ドラマ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。