スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

のだめカンタービレ

『のだめカンタービレ』は、女性漫画誌「Kiss」(講談社)で2001年から連載されているクラシック音楽をテーマとした二ノ宮知子作の漫画作品である。2004年、第28回講談社漫画賞少女部門受賞。

フジテレビでドラマ化され、2006年10月から放送されている(のだめカンタービレ (テレビドラマ)を参照)。また、2007年1月からフジテレビのノイタミナ枠でアニメ化される。

ちなみにカンタービレとは、発想記号の一つで「歌うように」という意味である。
あらすじ
ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音楽大学生・千秋真一は、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。担任の教授との口論の末決別、別れた彼女にもつれなくされて自暴自棄になっていた。

ある日、ゴミ溜めと悪臭の中で美しいピアノソナタを奏でる、変人女と出会ってしまう。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)。なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。第一印象は最悪極まりなかったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。以来、のだめの才能を引き出すべく、なんだかんだと彼女に関わるようになる。

見た目は無愛想だが、本人も意識せず面倒見が良い性格からか、のだめをはじめとする音大の変人たちになつかれ、順調に道を踏み外しながらも、千秋は新しい世界、そして指揮者への道を一歩一歩切り拓いていく。


登場人物・団体など
※登場人物については、「のだめカンタービレの登場人物」を参照のこと。

Sオケ(エス -)
シュトレーゼマンにより1年間結成されたオーケストラ。正式名称は「シュトレーゼマン特別編成オーケストラ」。本来シュトレーゼマンはAオケ(桃ヶ丘音楽大学正規のオーケストラ)と指揮科を指導することになっていたが、シュトレーゼマンの希望により「(シュトレーゼマンの)遊びのオケ」として作られた。
シュトレーゼマン自身が学内を歩き回って見つけてきた、選りすぐりの変な学生たちによって構成され、実際コンバス隊などほとんどのメンバーが、Aオケと掛け持ちしているパートもある。しかし、その実態は、桃ヶ丘音楽大学の落ちこぼればかりが集まったオーケストラ、と言えなくもない。しかし、そんな落ちこぼれがSオケを通じて落ちこぼれではなくなっていく。のだめは、マスコットガール。
R☆Sオーケストラ(ライジングスター -)
ニナ・ルッツ音楽祭で編成されたオーケストラの主要メンバーを中心に、新たに結成されたアマチュアオーケストラ。千秋が初代指揮者を務める。「裏軒」プロデュースで、命名も峰親子による。
ルー・マルレオーケストラ
1875年、ルー・マルレによってパリに設立された非常勤のオーケストラ。若き日のシュトレーゼマンやカイ・ドゥーンが在籍していた。現在の音楽監督は東京都交響楽団常任指揮者のジェームズ・デプリースト。デプリーストの推薦により千秋が常任指揮者に就任する。楽団内の不和により多くの主要メンバーが退団、新メンバーの募集を行い再生を図っている。
デシャン管弦楽団(デシャンオーケストラ)
パリの私立オーケストラ。千秋曰く「真面目でいいオケ」。新しい常任指揮者の候補として、千秋、ジャンをたて続けに客演で振らせ、結果ジャンが新しい常任指揮者に就任することになった。それまでオカタい真面目な指揮者が常任だったため、現代的で華やかなジャンが選ばれたらしい(オリバー談)。
ルセール管弦楽団(ルセールオーケストラ)
ルー・マルレ、デシャンと並ぶ、パリのオーケストラ。通称「R管」。松田幸久が首席客演指揮者を勤める。

小道具
プリごろ太
作中に登場する幼児向けアニメで、海外でも放映されるほどの人気がある。プリごろ太の大ファンであるのだめはセリフを丸暗記していたため、この作品のフランス語吹き替え版を見てフランス語を習得した。
もじゃもじゃ組曲
のだめ作曲、谷岡肇・江藤耕造編曲の全12曲からなる組曲。のだめの世界を知る上で欠かせない怪曲。
マングース
のだめお手製の着ぐるみ。手にはハブ(?)のようなものを持っている。長い時間をかけて一生懸命作ったが、ボロでオケのみんなからは不評だった。文化祭でお披露目。その後ものだめの背景によく登場している。
みそ字
のだめが作って、千秋のパソコンに勝手にインストールしていた、パソコン用フォント。ぱっと見では、ミミズのような下手くそな文字だが、独特な雰囲気をもったフォントである。のだめの弟により(無断で)オンラインで販売されているという設定。

曲目一覧
作品中に登場した曲目の一覧(カッコ内は、曲の登場した巻数)


管弦楽曲
ベートーヴェン:交響曲第7番
峰が初めてコンマスとして、千秋がミルヒーの代演の形で指揮をとった。Sオケで初めて演奏した楽曲。千秋は、ばらばらのSオケをまとめることができず、ミルヒーにだめだしをされた(単行本2巻収録)。
R☆Sオケにおいて千秋が最後に指揮した曲(単行本9巻収録)。
ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』
Sオケデビュー曲。千秋のモテぶりに嫉妬したミルヒーがSオケを脱退。スパルタ(専制君主とまでいわれた)・千秋とSオケのメンバーが徐々に対立を深めていくが、最終的には、のだめのアドバイスにより、千秋は、Sオケなりの「3番」を完成させ、大好評を得る(単行本3巻収録)。
ベートーヴェン:交響曲第9番
峰に誘われて千秋がAオケの練習を見に来たときの曲。第2楽章冒頭のティンパニで真澄が恥をさらしてしまうことになる。
ブラームス:交響曲第1番
 R☆Sオケデビューコンサートにおけるメインプログラム。好評を博し再演が決まる。
ドヴォルザーク:交響曲第5番
ニナ・ルッツ音楽祭のオーケストラで取り上げられたが、かなりマニアックな曲。
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
文化祭でSオケが和服を着て演奏した曲(なおのだめはマングースの着ぐるみを着てピアニカを演奏した)。
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
千秋がシュトレーゼマンと共にピアノとして共演した曲。
ジョリヴェ:打楽器協奏曲
モーツァルト:オーボエ協奏曲
オーボエ奏者にとっては、必ず一度は経験する曲。
R☆Sオーケストラ第1回公演で、黒木がソリストとして演奏(単行本7~8巻収録)。
リヒャルト・シュトラウス:オーボエ協奏曲
黒木のコンクールでの演奏曲。
シューマン:マンフレッド序曲
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ベルリオーズ:ローマの謝肉祭序曲
ハイドン:交響曲第104番『ロンドン』
リヒャルト・シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
R☆Sオーケストラ第3回公演で演奏した曲(単行本9巻収録)。
プラティニ国際指揮者コンクール3次予選においてジャン、千秋がともに選択した課題曲。ジャンは流麗で華麗、オケもノリノリな演奏を披露したが、千秋にとってはそれを聴いてしまったがために自分を見失うこととなり、オケと不協和音を奏でてしまった痛恨の一曲(単行本10巻収録)。
ドヴォルザーク:交響曲第8番
プラティニ国際指揮者コンクールの間違い探しの曲(単行本10巻収録)。
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
千秋が小さい頃、「いつかはこの曲を(ソリストとしてヴァイオリンで)オケとやってやる!」とあこがれた曲。 プラティニ国際指揮者コンクール本選のくじ引きで協奏曲の課題曲として、千秋のためにのだめが引き当てた(単行本11巻収録)。
バルトーク:舞踏組曲
プラティニ国際指揮者コンクール 本選課題曲(単行本11巻収録)。
ラヴェル:マ・メール・ロワ
武満徹:遠い呼び声の彼方へ!
シベリウス:交響曲第2番
 

ラヴェル:ボレロ
デュカス:魔法使いの弟子
シューマン:交響曲第1番『春』
上記3曲は、千秋が初めて、ルー・マルレ・オーケストラを任せられたときに演奏した曲目。Ruiが客演で、チェレスタを演奏。ただ、千秋が任せられた時期のマルレは、オケの土台になる音がない(千秋)状況であったため、かなりの酷評を受けた曲目群である(単行本14巻収録)。
ワーグナー:歌劇『タンホイザー』より、序曲
ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

ピアノ曲
ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番『悲愴』
千秋がのだめが弾いている様子を"悲惨"と言った曲。
モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ
千秋とのだめの初共演曲。担当教師とうまく行かず行き詰まりを感じていた千秋に、音楽による感動を思い出させた曲(単行本1巻収録)。
バルトーク:組曲
ひょんなことから、ニナ・ルッツ音楽祭に参加する形となったのだめだが、ニナ・ルッツ本人の剣幕に押され、全く演奏することなく遁走してしまう。音楽祭閉幕後に、「こんな演奏をする学生はいなかった!」とニナ・ルッツを驚嘆させるほどの演奏を練習室に侵入して行うが、結局誰が弾いたのかはニナには分からずじまいのままで終わった(単行本4巻収録)。
シューベルト:ピアノソナタ第16番 イ短調
マラドーナ・ピアノ・コンクール第1次予選にてのだめが演奏(単行本8巻収録)。
J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻 第16番
ショパン:12の練習曲 op.10-4 嬰ハ短調
のだめがスパルタ教育を受けていた子供の頃にも弾いたことがあり、彼女にとっては嫌な思い出の曲である。
リスト:超絶技巧練習曲『鬼火』変ロ長調
以上3曲はマラドーナ・ピアノ・コンクール第2次予選にてのだめが演奏(単行本8巻収録)。
海老原大作:ロンド・トッカータ
#のだめカンタービレ Selection CD Bookの項を参照。
ドビュッシー:喜びの島
以上2曲はマラドーナ・ピアノ・コンクール第3次予選にてのだめが演奏(単行本8巻収録)。
モーツァルト:ピアノソナタ第8番 イ短調
シューマン:ピアノソナタ第2番 ト短調
以上2曲はマラドーナ・ピアノ・コンクール本選にてのだめが演奏(単行本8巻収録)。
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカからの3楽章
マラドーナ・ピアノ・コンクール本選にてのだめと瀬川悠人が演奏(単行本8巻収録)。
のだめは練習時間が無く、聴いただけの付け焼刃で本番に臨んだため暗譜しきれなかった。
ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲
ラヴェル:『夜のガスパール』より『スカルボ』
以上2曲はマラドーナ・ピアノ・コンクール本選にて瀬川悠人が演奏(単行本8巻収録)。
ラヴェル:鏡
のだめがパリに来てはじめて弾いた曲(単行本10巻収録)。
リスト:超絶技巧練習曲『雪あらし』変ロ短調
ドビュッシー:12の練習曲より第7曲『半音階のための』
モーツァルト:ピアノソナタ第11番 イ長調(トルコ行進曲付き)
以上3曲はのだめのコンセルヴァトワールでの試験曲(単行本14巻収録)。
モーツァルト:ピアノソナタ第17番 ニ長調
モーツァルト:ピアノソナタ第8番 イ短調
モーツァルト:きらきら星変奏曲
リスト:伝説よりNo.2『波の上を歩くパオラの聖フランチェスコ』
ラヴェル:水の戯れ
モーツァルトヲタクの古城の主人に"ラヴェルもいいな"と思わせた。
シューベルト:ピアノ・ソナタ第16番 イ短調
以上6曲はのだめの初リサイタル曲(単行本15巻収録)。

室内楽曲
ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番『春』
峰の留年がかかっていた試験曲。この曲へののだめのイメージは「お花畑」だが、峰に言わせると「光る青春の喜びと稲妻」。ちなみに千秋いわく「おまえたちのは『正月』」。
エルガー:ヴァイオリンソナタop.82
モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク
プーランク:ピアノとオーボエとファゴットのための三重奏曲

声楽曲
モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』より、ドラベッラのアリア
ロッシーニ:歌劇『セビリアの理髪師』より
のだめが無銭飲食をしかけたときに、シェフの歌の伴奏をして帳消しにしてもらったときの曲。のだめは初見が苦手だったため、ユンロンが代わりに伴奏した。

トリビア
ドラゴンクエストシリーズなどの作曲で知られるすぎやまこういちは、同ゲームのコンサートにおいてこの漫画を絶賛した。氏は「多くの人にクラシックを楽しんでもらうためにコンサートを行ってきたが、強い味方を得ることができた」と話した。
スポンサーサイト
アニメ・漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。