スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

菅山 かおる

菅山 かおる(すがやま かおる、1978年12月26日 - )は日本のバレーボール選手。宮城県岩沼市出身。血液型はO型。

コートネームはユウであるが、全日本女子チームでは既に同じコートネームを持つ大友愛がいたためカオルと呼ばれている。テレビ放送におけるキャッチフレーズは攻守に輝く「かおる姫」(2006年バレーボール・ワールドグランプリ)など。 また、端正な顔立ちからか「白い妖精」の異名を持つ。VリーグのJTマーヴェラスに所属し、背番号は5番である。

幼稚園時代に母親のママさんバレーの練習を観に行ったのをきっかけにバレーに目ざめ、小学校3年生からスポーツ少年団に入りバレーを始める。高校時代では2年生の時に第27回春の高校バレーで優勝、3年生ではキャプテンを務めた。 卒業後は小田急ジュノーに入社するがチームが廃部となった後JTマーヴェラスに入団しアタッカーとして活躍。JTではV1リーグ降格、再昇格など紆余曲折を経験。熊前知加子の加入で2005年からはリベロに転向。チームの4強進出貢献を評価され全日本に招集。リベロとしてであったが、選手の怪我などによる戦線離脱でレフトが不足となったこともあり、レフトに登録が変更される。

2005年のワールドグランプリで全日本デビューしたが、実は全日本に選ばれる前から、Vリーグのオールスターに選ばれるなどバレーボールファンからはかなり人気はあった。

ワールドグランプリでは、攻撃、守備の両面で群を抜く活躍で全国を魅了。このころから「カオル姫」の愛称も定着。しかし本人曰く性格は全く「姫」ではなく、好きな芸能人に哀川翔、好きなスポーツ選手に清原和博その他、好物に馬刺し・ラーメンを挙げるなど、素顔は割と男臭い。

Vリーグのチームメイトである竹下佳江と非常に仲がよく、どんな時でも一緒にいる。実際に、チームの写真撮影や全日本合宿での食堂の光景などでも菅山の隣には必ずと言っていいほど竹下の姿がある。

代表のユニフォームが赤に代わってから、よくユニフォームからへそが見えるようになった。 ユニフォームが短いのかどうか明確ではないが、大山加奈や木村沙織にも同じようなものが見られるようになった。

プレースタイル
バレーボール選手としては高くはない身長でありながら、安定したレシーブと高いジャンプ力を武器にする。 特にレシーブでは球際に強く、決してあきらめないため、つなぐバレーを必要とする日本では重宝される選手である。


エピソード
菅山はかなりの練習の虫であり、コーチに「練習を終わりにしよう」と言われても練習を続けたことがある。ただし、このような練習が安定したプレーにつながっている。
2006年1月23日、サンケイスポーツがプロ野球・阪神タイガースの濱中治選手と交際中と報じたが、お互い交際は否定している。
2005年ワールドグランプリ、予選ラウンド韓国戦で三宅正治アナウンサーが「華麗に舞う白い妖精」という言葉を連呼したがVリーグ等の試合で見られる菅山の応援旗にも同じフレーズを見ることができる。
JTマーヴェラスが第1回V1リーグで優勝した1999年に移籍してきたため、優勝のユウが菅山のコートネームになった。ちなみに同チームに優勝のショウがコートネームとなった選手もいた。

球歴・受賞歴
所属チーム履歴
岩沼西小学校→岩沼西中学校→古川商業高等学校(現・古川学園高等学校)→小田急ジュノー(1997-1999年)→JTマーヴェラス(1999年-)
受賞歴
2005年 - 第11回Vリーグ レシーブ賞

バレーボール●バレーボールマガジン'06年10月号バレーボール●バレーボールマガジン'06年10月号バレーボール●バレーボールマガジン'06年7月号バレーボール●バレーボールマガジン'06年7月号バレーボール●バレーボールマガジン'06年8月号バレーボール●バレーボールマガジン'06年8月号バレーボール●バレーボールマガジン'06年5月号 バレーボール●バレーボールマガジン'06年5月号★40%OFF!★ 2005グラチャン全日本女子バレーボールチーム着用レプリカミズノ キャップスリー...
スポンサーサイト
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。