スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

岸田今日子

岸田 今日子(きしだ きょうこ、1930年4月29日 - 2006年12月17日)は、日本の女優、声優、童話作家。東京都杉並区出身。血液型はA型。自由学園高校卒業。父は劇作家で文学座創設者の岸田國士(くにお)、母は岸田秋子。姉は詩人で童話作家の岸田衿子、従兄弟は俳優の岸田森。元夫は俳優の仲谷昇。吉行和子、冨士眞奈美は親友。

1963年、テレビドラマ「男嫌い」で越路吹雪、淡路恵子、横山道代、坂本九などと豪華メンバーでブレイク。当時、同番組は「カワイ子ちゃん」「かもね」「そのようよ」などと、さながら流行語の台風の眼であった。
劇作家の岸田國士・秋子夫妻の次女として生まれる。自由学園在学中に舞台美術に興味を抱き、卒業と同時に裏方として文学座の研修生となるが、その後女優に転じ、1950年に『キティ颱風』で初舞台。1954年、同じ文学座の俳優仲谷昇と結婚。1960年、三島由紀夫演出の『サロメ』で主役に抜擢されて以降、テアトロン賞を受賞した『陽気な幽霊』をはじめ、数多くの舞台で多くの大役、難役をこなす。
映画では1962年に『破戒』などの演技で毎日映画コンクール助演女優賞、1964年には『砂の女』でブルーリボン助演女優賞を受賞して、実力派舞台女優としての地位を確立した。
1963年、杉村春子ら文学座幹部の運営に限界を感じていた芥川比呂志、小池朝雄、神山繁、山崎努らと共に文学座を脱退。「劇団雲」を経て、1975年には「演劇集団 円」の設立に参加し、『壊れた風景』、『うしろの正面だあれ』、『トラップ・ストリート』など、別役実作の大半の作品に出演。1978年に離婚。その後もテレビ・映画出演と並行して舞台女優としても第一線で活躍していた。近寄りがたい妖艶さを見せる一方、ユーモラスな役もこなす硬軟自在の演技は若い頃から評価が高い。
人気アニメ『ムーミン』ではムーミン・トロールの声を担当。『ムーミン』の仕事を請けたのは、娘に自分の仕事を理解してもらうためだった、と後にトーク番組で語ってもいる。ナレーションでも、他に得がたい存在として、ドキュメンタリーからバラエティまで幅広く起用される。著作も多く、エッセイから翻訳など幅広い分野で健筆を振るった。特に児童文学、童話については造詣が深く、所属する「演劇集団 円」では、毎年年末にシアターΧで上演される、幼児にも楽しめる舞台「円・こどもステージ」の企画を担当していた。
2002年、ポップシンガーUAのシングル「DOROBON」で詩の朗読に参加。幅広い活動を続けた。
2006年12月17日午後3時33分、脳腫瘍による呼吸不全のため東京都内の病院で死去。享年76。

主な出演作品

ドラマ
赤穂浪士(1964年、NHK大河ドラマ) あぐり役
大奥(1968年、フジテレビ)
春の坂道(1971年、NHK大河ドラマ) 淀の方役
傷だらけの天使(1974年、日本テレビ) 綾部貴子役
前略おふくろ様(1976年、日本テレビ) 三宅花恵役
非情のライセンス 第2シリーズ(1976年、NET) 深海綾役
赤い運命(1976年、TBS)
破れ新九郎(1978年、テレビ朝日)
あ・うん(1980年、NHK) 門倉君子役
影の軍団III(1982年、関西テレビ) 千愁尼(本理院孝子)役
少女に何が起ったか(1985年、TBS)
武田信玄(1988年、NHK大河ドラマ) 寿桂尼役
世にも奇妙な物語 『闇の精霊たち』(1990年、フジテレビ系)
世にも奇妙な物語~オープニング・ナレーション(1991年、フジテレビ系)
世にも奇妙な物語 『8時50分』(1991年、フジテレビ系)
法医学教室の事件ファイル(1992年~、テレビ朝日)
さくらももこランド・谷口六三商店(1993年、TBS) ナレーション
最高の恋人(1995年、テレビ朝日)
御家人斬九郎(1995年~2002年、フジテレビ)
不機嫌な果実(1997年、TBS)
徳川慶喜(1998年、NHK大河ドラマ) 松島役
ランデヴー(1998年、TBS)
グッドニュース(1999年、TBS)
蜜蜂の休暇(2001年、NHK)
ナースマン(2002年、日本テレビ)
私立探偵 濱マイク(2002年、日本テレビ)
HR(2002年、フジテレビ系)
子連れ狼(2002年~2004年、テレビ朝日) ナレーション
赤ちゃんをさがせ(2003年、NHK)
動物のお医者さん(2003年、テレビ朝日)
ぼくの魔法使い(2003年、日本テレビ)
相棒(2004年、テレビ朝日)
奥さまは魔女(2004年、TBS)
女医・優~青空クリニック~(2004年、フジテレビ)
犬神家の一族(2004年、フジテレビ)
あいのうた(2005年、日本テレビ)

映画
屋根裏の女たち(1956年、塚口一雄監督)
新妻の寝ごと(1956年、木村恵吾監督)
暗夜行路(1959年、豊田四郎監督)
吹雪と共に消えゆきぬ(1959年、木村恵吾監督)
グラマ島の誘惑(1959年、川島雄三監督)
おとうと(1960年、市川崑監督)
墨東綺譚(1960年、豊田四郎監督)
人間の條件 完結篇(1961年、小林正樹監督)
黒い十人の女(1961年、市川崑監督)
秋刀魚の味(1962年、小津安二郎監督)
私は二歳(1962年、市川崑監督)
破戒(1962年、市川崑監督)
砂の女(1964年、勅使河原宏監督)
卍(1964年、増村保造監督)
不信のとき(1968年、今井正監督)
ノストラダムスの大予言(1974年、舛田利雄監督) 予言の声
犬神家の一族(1976年、市川崑監督)
歌麿 夢と知りせば(1977年、実相寺昭雄監督)
犬神の悪霊(1977年、伊藤俊也監督)
姿三四郎(1977年、岡本喜八監督)
地獄(1979年、神代辰巳監督)
幸福号出帆(1980年、齋藤耕一監督)
この子の七つのお祝いに(1982年、増村保造監督)
探偵物語(1983年、根岸吉太郎監督)
生徒諸君!(1984年、西河克己監督)
海と毒薬(1986年、熊井啓監督)
必殺4 恨みはらします(1987年、深作欣二監督)
竹取物語(1987年、市川崑監督)
つる-鶴-(1988年、市川崑監督)
天と地と(1990年、角川春樹監督)
天河伝説殺人事件(1991年、市川崑監督)
風の子どものように(1992年、瀬藤祝監督)
学校の怪談2(1996年、平山秀幸監督)
八つ墓村(1996年、市川崑監督)
愛する(1997年、熊井啓監督)
人間の屑(2000年、中嶋竹彦監督)
どら平太(2000年、市川崑監督)
千年の恋 ひかる源氏物語(2001年、堀川とんこう監督)
クロエ(2001年、利重剛監督)
春の雪(2005年、行定勲監督)
ウール100%(2005年、富永まい監督)

舞台
光明皇后(1962年、文学座)
ヘンリー四世(1967年、劇団雲)
マクベス(1972年、劇団雲)
火のようにさみしい姉がいて(1977年、木冬社)
一軒の家・一本の樹・一人の息子(1978年、演劇集団 円)
雰囲気のある死体(1980年、演劇集団 円)
冬のライオン(1982年、演劇集団 円)
プラトーノフ(1983年、演劇集団 円)
おたまじゃくしはかえるのこ(1985年、演劇集団 円)
もーいいかい・まーだだよ(1988年、演劇集団 円)
今日子(1989年、演劇集団 円)
欲望という名の電車(1989年、演劇集団 円)
わが師・わが街(1992年、演劇集団 円)
桜の園(1993年、演劇集団 円)
春のうららの隅田川(1997年、演劇集団 円)
遠い日々の人(1999年、演劇集団 円)
当世流・雨月物語(2001年、演劇集団 円)
西へ行く女(2003年、演劇集団 円)
THE OTHER SIDE 線のむこう側(2004年、新国立劇場)
オリュウノオバ物語(2005年、演劇集団 円)

アニメ
ムーミン(1969年・1972年、ムーミン役)
まんがこども文庫(1978年、ナレーション)
地球へ…(1980年、グランドマザー役)
吸血姫美夕(1997年、OPナレーション)
プリンセスチュチュ(2002年、ナレーション)
死者の書(2006年、ナレーション)

ゲーム
天外魔境II 卍MARU(1992年3月27日発売、OPナレーション)

吹き替え
刑事コロンボ・ロンドンの傘(オナー・ブラックマン)
ミス・マープルシリーズ(ミス・マープル役(ジェラルディン・マクイーワン))

CM
イオナインターナショナル(ナレーション)
ネスレ日本「クリスピー物語」
TDK「磁気ネックレス」
朝日新聞社「週刊百科 世界100都市」

その他
とんねるずのみなさんのおかげです(フジテレビ系)「保毛尾田保毛男」(ほもおだ・ほもお)という石橋貴明が演じたキャラクターの姉を演じた。
ダウンタウンのごっつええ感じ(フジテレビ系)『結婚前提戦士ラブラブファイヤー』等に出演。
まんがで読む古典『源氏物語』(NHK)紫式部役で出演。
高中正義のアルバム「トラマティック極東探偵団」(東芝EMI WTP-90340)の中でナレーション担当。
星の王子さまの朗読CD(東芝EMI)の中でばらの花の声を担当。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。