スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

花より男子

『花より男子』(はなよりだんご)は、集英社の月刊少女漫画誌「マーガレット」で1992年から2004年まで連載された神尾葉子の少女漫画作品である。単行本全36巻、完全版全20巻。第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。 概要
同社発刊の「マーガレット」の屋台骨として、長年に渡り根強い人気を博したが、2004年にその連載を終了した。裕福な生徒の多い学園に何故か紛れて入学してしまった、貧乏少女の奮闘と恋の物語である。連載期間が長かった事もあり、そのファン層の年代は幅広い。日本では映画化、アニメ化、そしてテレビドラマ化もされ、台湾でも『流星花園(りゅうせいはなぞの)』の題名でテレビドラマ化もされている。英語表記もそのままMeteor Garden。

2005年9月の時点で発行部数4800万部と少女漫画歴代2位の売上げを誇っていたが、日本でのドラマの大ヒットを受け、同年12月には発行部数を5400万部まで伸ばし、ついに日本一売れた少女漫画となった。

なお、2005年12月9日発売の「マーガレット」本誌において、2006年中に続編を描くことを作者が明言し、同誌2006年15号(2006年7月5日発売)に読み切り形式で発表されることになった。

あらすじ
名門の筋やら素封家やらの子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、何の因果か入学してしまった一般庶民の牧野つくし。学校はF4(Flower 4―“花の四人組”)を名乗る道明寺司・花沢類・西門総二郎・美作あきらに牛耳られていた。F4は世界でも通用するぐらいの大富豪の御曹司。F4に逆らえる人は1人もいなかった。ある日、友達を守る為にF4に刃向かったつくしはF4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。しかし正義感の強いつくしは“やられたらやり返す、それがあたしのポリシー!”とばかりに立ち向かって行く。道明寺司は牧野つくしのことを好きになってしまい、それからはつくし一途でそればかり。…いじめられ続け騙され続けた牧野つくしの人生がこのF4によって変わり始めた。激貧の牧野つくし、大金持ちのF4、この正反対な人達が生み出す恋愛ストーリー。


英徳学園について
設定では、英徳学園は幼稚園から大学までの一貫校で、その大部分が幼稚園から入園するとなっている。よって、幼稚園から高額の学費を払える家庭のみが入学を許され、必然的にお金持ちの子弟が多くなることも理解できるだろう。牧野つくしのセリフから、高校への外部生入学は「極めて異例」で、若干名しか募集がないことがわかる。しかし現実世界では、富裕層の子弟が通うとされる慶応義塾、学習院、青山学院、玉川学園、成蹊学園、成城学園などであっても中学・高校募集を行っており、中途入学する子弟の大部分が一般家庭の出身者である。英徳学園のように、生徒のほとんどが豪邸に住み運転手にベンツで送り迎えされるという学園は現実的にはありえないだろう。


派生作品

CDブック
1993年に第1弾発売。以降第3弾まで発売。その他の作品と異なり、花沢類が主役になっているのが特徴。実はこれが木村拓哉の声優デビュー作でもある。
キャスト

牧野つくし:横山智佐
花沢類:木村拓哉
道明寺司:西尾拓美
西門総二郎:飛田展男
美作あきら:子安武人
藤堂靜:島津冴子
青池和也:伊崎寿克

実写映画
『花より男子』
1995年、東映・フジテレビ制作・楠田泰之監督・梅田みか脚本。
当時の人気アイドルを主演に迎えた「ぼくたちの映画シリーズ」第1弾として制作された。

【一般市民(パンピー)】のつくしが【高飛車(タカピー)】の人間が集う大学に入ってしまい、F4などとの奮闘記が描かれている。作品中で道明寺と結ばれ、ダンスライブ(trfが出演)のエンディングで物語が完結している。

併映作品は金持ちお嬢様が主人公の『白鳥麗子でございます!』で、内田有紀と松雪泰子(『白鳥麗子でございます!』主演)を並べてパンピー・タカピーと対比させた広告が展開された。


キャスト
牧野つくし:内田有紀
道明寺司:谷原章介
花沢類:藤木直人
西門総二郎:佐伯賢作
美作あきら:橋爪浩一
藤堂靜:江黒真理衣
三条桜子:坂上香織
松岡優紀:笹峰愛
浅井百合子:利根川朱里
山野美奈子:藤原紀香

テレビアニメ
『花より男子』
1996年9月8日から1997年8月31日まで、朝日放送・テレビ朝日系列、全51話。制作は東映動画。各キャラクターの声あてには、本業の声優ではない俳優を起用したことが話題(反発も)を呼んだ。前枠は『ご近所物語』、後枠は『夢のクレヨン王国』。なお、『ママレード・ボーイ』から続いたラブストーリー系のアニメ枠は今作で終了。『夢のクレヨン王国』から低年齢向けのアニメが再び放送され、現在に至っている。

スタッフ
原作:神尾葉子(集英社「マーガレットコミックス」刊)
プロデューサー:小竹哲(ABC)・亀山泰夫、堀内孝(ASATSU)・関弘美(東映動画)
シリーズ構成:影山由美
音楽:大島ミチル
製作担当:風間厚徳
美術デザイン:行信三、ゆきゆきえ
色彩設計:辻田邦夫
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
コスチュームデザイン:川村敏江
シリーズディレクター:山内重保
製作:ABC・ASATSU・東映(東映動画)

キャスト
※いずれも声の出演。

牧野つくし:持田真樹
道明寺司:宮下直紀
花沢類:山本耕史
西門総二郎:赤井田良彦
美作あきら:望月祐多
藤堂靜:今村恵子
青池和也:家富ヨウジ
松岡優紀:飛松加奈子
三条桜子:宍戸留美

アニメ映画
『花より男子』
1997年、東映アニメフェア内で上映
舞台は日本ではなくアメリカ、NY。
ブロードウェイでの人気スター・道明寺司をはじめとするF4、一方つくしは雑用係をしながらミュージカルスターを目指している研修生という設定。主役の座を巡って三条たちと熾烈な戦いが起きるかと思えば、新進気鋭の作曲家・花沢類に想いを寄せたりと、ミュージカル仕立ての完全オリジナルストーリー。

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。