スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

たまごっち

たまごっちは、1996年11月23日にバンダイから発売され、97年を中心に社会現象になるほど爆発的な人気を誇ったキーチェーンゲームである。名称の由来は「たまご(Tamago)」と「ウオッチ(Watch)」の合成で、英語ではTamagotchiと表記する。  
概要
画面の中に登場する「たまごっち」と呼ばれるキャラクターにえさを与えたり、糞掃除をしたり、「たまごっち」と遊んだりしながら育てていく。こまめにコミュニケーションをとっていれば機嫌がいいが、えさをやり忘れたり、糞掃除が滞ったりすると機嫌が悪くなり、最悪の場合には死ぬこともある。こうして育てていくと、ある程度時間が経てば「おやじっち」や「にょろっち」など、様々なキャラクターに変身する。どのキャラクターになるかは、キャラクターのその時の体重や機嫌によるようだ。その他、名称の由来どおり、単なる時計としても利用できる。

1997年、ノーベル賞のパロディ的な賞であるイグノーベル賞(経済学賞)、新語・流行語大賞のトップテンを受賞した。大きさは高さ53mm

第1次ブーム(1997年)
たまごっちは、当初10代の女性、特に女子高生をメインターゲットとして発売された。当時影響力の強かった安室奈美恵がテレビの音楽番組で紹介したことや大人気となったテレビドラマ『踊る大捜査線』でいかりや長介扮する和久平八郎が持っていたことがきっかけでブームになり、マスコミの煽りもあって異常人気となった。

ブームの全盛期には、白いたまごっちが非常に稀少だとして特に人気が集中したり、たまごっちを模倣した偽物が販売されて販売会社が摘発を受けたり、「飼育」していたたまごっちの「死」によってペットロストに似た現象が一部のユーザーで見られるようになるなど、たまごっちブームは社会現象化した。

ブームが過熱し品薄状態が続くと、一個数万円で取引されるようになったり、「人気維持のために出荷制限をしている」という噂が流れた。これに対しバンダイは大増産を行ったが、数ヵ月後にはブームが沈静化、不良在庫の山を抱えることになり、1999年には60億円の特別損失を計上した。

第1次ブームの頃はちょうど日本でインターネットが個人の趣味として一般家庭に普及し始めた時期であったので、インターネット上に個人運営(非公式)のたまごっちサイトが次々と誕生した。その一部は2006年現在でも残っている。

日本以外に、アメリカやアジア各国でも大流行し、アメリカ人気ドラマERにも登場するほどであった。発売元のバンダイによれば、これらのたまごっちシリーズは国内外で4000万個を販売したという。

第2次ブーム(2004年-)
第二期たまごっちは、2003年頃に高校生の間で初代のたまごっちが流行っているという情報をバンダイの開発チームが聞きつけたことがきっかけとなって開発が始まり、初代のたまごっちを知らない小学生をメインターゲットとして発売された。ブームの過熱によって第1次ブームが終焉してしまった反省を踏まえ、メディア露出を控えめにした。

かつてのブームほどではなかったが、小学生を中心に受け入れられ、国内外での売上個数は1年で650万個を超えた。2005年7月現在は、再び小学生を中心に大ブームが到来している。「祝ケータイかいツー! たまごっちプラス(ケーたま)」を求める子供に応えるべく、親も必死になり、発売当日は長蛇の列。開店前には品切れになることも常である。そんな人気に目を付けて、yahoo!オークションなどのインターネットオークションでは倍以上の値段が付けられることもしばしば。 前回のブームではまだ日本ではインターネットオークションが普及しておらず、個人売買が一般的でなかったが、インターネットオークションが普及した現在、転売目的での購入者も増え、一層供給不足を招いていることも否めない。

キャラクターとしての「たまごっち」
たまごっちは、ばんぞー博士が拾った小さなUFOの中から発見された、たまごっち星生まれの地球外生命という設定である。第二期からも地球外生命と言う設定は健在だがばんぞー博士と助手のミカチューが登場しなくなり、その分たまごっち星の社会や文化が続々と判明するようになった。
スポンサーサイト
商品 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。