スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

カラオケ店焼き、少年ら男女8人死傷

 20日午後6時半ごろ、兵庫県宝塚市安倉南2のカラオケボックス「ビート」1階調理場付近から出火、爆発音とともに炎上し、鉄骨2階建て延べ194平方メートルのうち1階部分を全焼、2階部分を半焼した。同市消防本部によると、2階にいた男性4人、女性4人が病院に搬送されたが、宝塚市安倉中3、田中真さん(18)が死亡。16、17歳の少年2人は心肺停止状態、残り5人も大けが。
 市火災予防条例に基づき、カラオケ店は「遊技場」として届け出る必要があり、消防本部の立ち入り検査を受けるが、建物が建築された当初の「事務所倉庫」のまま、用途変更をしていなかった。県警宝塚署は、店の防火体制に不備があったとみて業務上過失致死傷容疑で上江洲安一(かみえす・やすかず)店長(52)と従業員2人の計3人から事情を聴いている。
 同店オーナーの友人で、出火当時、手伝いに来ていた男性(64)によると、女性従業員が1階カウンターの裏にある調理場で揚げ物を調理していたところ、鍋に火が入り、プロパンガスボンベに引火して爆発、炎上したという。
 同署の調べでは、同店は1階に4部屋、2階に8部屋あり、出火当時、1階にいた高齢者のグループ数人と、2階にいた女性1人は逃げ出して無事だった。
 宝塚市消防本部によると、現場の建物は81年10月に「事務所倉庫」として届けられた。カラオケ店として開店した時期は不明だが、その際に必要な「遊技場」としての用途変更の手続きをしていなかった。遊技場の場合、市火災予防条例に基づき、消火器や防炎カーテンの設置などが義務付けられ、消防本部による立ち入り検査を受ける。しかし、事務所倉庫のままだったため、消防本部は立ち入り検査をしていなかった。
 2階にいたのは、10代後半の中学時代の元同級生のグループという。
 客の一人は宝塚市内の病院に運ばれ、煙を吸い込み、のどをやけどしている状態で救命処置を受けている。駆けつけた家族らは「助かる、助かる」と声をかけていた。
 現場はJR福知山線宝塚駅の南東約3キロで、県道尼崎宝塚線沿い。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070121-00000003-maip-soci&kz=soci
スポンサーサイト
ニュース | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。