スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

純情きらり

『純情きらり』
は、2006年(平成18年)度上半期NHK連続テレビ小説の作品である。シリーズ通算第74作目。2006年4月3日から2006年9月30日(予定)に渡って放映する。

概要
主要な舞台は愛知県岡崎市。連続テレビ小説史上初の愛知県を主な舞台とした作品である。原案は津島佑子の「火の山―山猿記」。脚本は浅野妙子。同シリーズでは、平成11年度前期のすずらん以来久々に戦争を取り入れた作品である。
ヒロインの宮あおいの選定については、昭和41年度のおはなはん以来行われてきたヒロインオーディションを平成18年度分は行わずに、NHKによる直々のキャスティングとなった。
 
ストーリー

昭和初期、7歳になる有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元で味噌桶に落ちてしまう。4歳のときに母親・マサ(竹下景子)を病気で亡くしてから父親・源一郎(三浦友和)に男手ひとつで育てられていた。母親が居ない桜子を思った周囲の人々は再婚話を持ち込むが、亡くなった母親を恋しく思う姿を目の辺りにし、再婚をとどまることになった。

10年後、16歳になった桜子(宮あおい)は、周囲の反対を押し切り東京音楽学校に進学を希望する。 そんな矢先、桜子の音楽学校進学を支援してくれていた源一郎が、仕事で駆り出された土砂崩れ現場で落石に遭い、一度は意識を回復したものの結局命を落としてしまう。 長女・笛子(寺島しのぶ)は反対するが、それでも桜子は父が遺してくれたピアノを極めようと没頭する。 そして翌年、桜子は、幼なじみでよきライバルでもある松井達彦(福士誠治)と共に、音楽学校を受験する。桜子は、2次試験までは合格した。しかし、最終試験当日に、サックスの生演奏に聞き入ってしまい、遅刻してしまう。試験を受けることはできたものの、本来の実力を発揮できずに、不合格に終わった。その後桜子は、岡崎に帰ろうとしたが、西園寺公麿(長谷川初範)に励まされ、もう一度受験することを決めた。

ジャズピアニストを夢見ながら戦争に揺れる昭和の激動時代を駆け抜けるヒロイン・桜子の波乱万丈な人生を描いていく。

キャスト

有森家
有森 桜子(ありもり さくらこ) - 宮あおい:主人公、有森家三女 
幼少時代 - 美山加恋
有森(杉) 笛子(ありもり(すぎ) ふえこ) - 寺島しのぶ:有森家長女
少女時代 - 北乃きい
有森(河原) 杏子(ありもり(かわはら) ももこ) - 井川遥:有森家次女
少女時代 - 尾千瑛
有森 勇太郎(ありもり ゆうたろう) - 松澤傑:有森家長男 八高=旧制第八高等学校(現名古屋大学)を志望する受験生
幼少時代 - 佐野観世
有森 源一郎(ありもり げんいちろう) - 三浦友和:桜子の父
有森 マサ(ありもり まさ)・語り - 竹下景子:桜子の母、故人
有森 磯(ありもり いそ) - 室井滋:源一郎の妹、桜子の叔母
沖田 徳治郎(おきた とくじろう) - 八名信夫:有森マサの父、桜子の祖父

味噌蔵元「山長」の人々
松井 かね(まつい かね) - 戸田恵子:「山長」の女将
松井 拓司(まつい たくじ) - 村田雄浩:「山長」の主人
松井 達彦(まつい たつひこ) - 福士誠治:八丁味噌の蔵元「山長」の跡取り息子
幼少時代 - 柳井宏輝
浦辺 仙吉(うらべ せんきち) - 塩見三省:「山長」の職人頭
野木山 与一(のぎやま よいち) - 徳井優:「山長」の番頭
高島 キヨシ(たかしま きよし) - 井坂俊哉:「山長」の職人
幼少時代 - 村瀬継太
耕輔(こうすけ) - 大竹浩一:キヨシの悪ガキ仲間
幼少時代 - 下山葵
治(おさむ) - ペ・ジョン ミョン:キヨシの悪ガキ仲間
幼少時代 - 水田吏維也

岡崎の人々
斉藤 直道(さいとう なおみち) - 劇団ひとり:師範学校の物理教師、有森家の下宿人
マスター・ヒロ - ブラザートム:喫茶店のマスター
西野 シヅ子(にしの しづこ) - キムラ緑子:桜子の女学校の音楽教師
高野 薫子(たかの かおるこ) - 松本まりか:桜子の友人
河原 亮一(かわはら りょういち) - 池田鉄洋:杏子の夫、後に離婚する。
河原 幸恵(かわはら ゆきえ) - 山田昌:杏子の姑

東京の人々
杉 冬吾(すぎ とうご) - 西島秀俊:マロニエ荘の住人、津軽出身の青年画家。後に、笛子と結婚する。
花岡 八州治(はなおか やすじ) - 相島一之:マロニエ荘の住人、売れない画家。詐欺まがいの占いなどで生計を立てている。
野上 八重(のがみ やえ) - 原千晶:画家を目指すマロニエ荘の住人。もとは織物問屋の娘。
橘 マリ(たちばな まり) - 椋木美羽:マロニエ荘の住人、ダンスホールのダンサー。
小野寺 ハツ美(おのでら はつみ) - たくませいこ:マロニエ荘の住人、大阪出身。ホルン奏者を目指している。東京音楽学校を4度目の受験で合格する。達彦に恋心を抱く。
岩見沢 るり子(いわみざわ るりこ) - 初音映莉子:西園寺塾の生徒。4歳からピアノを始め、達彦とともに音楽学校に入学する。貧乏人は音楽をする意味がない、と桜子を見下す。
秋山 均(あきやま ひとし) - 半海一晃:ジャズサックス奏者
西園寺 公麿(さいおんじ きみまろ) - 長谷川初範:東京音楽学校教授、ピアニスト
松尾(まつお) - 村杉蝉之介:西園寺教授の助手。時々、桜子の指導もする。

その他
御崎 しま子(みさき しまこ) - 光浦靖子:冬吾の許嫁。かつて冬吾と心中を計る。

スタッフ
原案:津島佑子「火の山―山猿記」(講談社刊 ISBN 4062090902)
脚本:浅野妙子
演出:小松隆
美術:荒井敬
タイトルバック:伊藤有壱
音楽:大島ミチル
チェロ演奏:長谷川陽子
制作統括:銭谷雅義
制作・著作:NHK

各週のタイトル
第1週「父の見合い」(4月3日-)
第2週「ピアノがやって来た」(4月10日-)
第3週「恋のプレリュード」(4月17日-)
第4週 「プロポーズは突然に」(4月24日-)
第5週 「運命の分かれ道」(5月1日-)
第6週 「サクラサク?」(5月8日-)
第7週 「貧乏なんか怖くない」(5月15日-)
第8週 「初めての連弾」(5月22日-)
第9週 「今宵(こよい)、君と踊ろう」(5月29日-)
第10週 「夏の日の別れ」(6月5日-)
第11週 「キューピッド志願」(6月12日-)
第12週 「絆(きずな)が試されるとき」(6月19日-)
第13週 「私には今しかない」(6月26日-)
第14週 「若女将の試練」(7月3日-)
スポンサーサイト
ドラマ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。