スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

医龍

医龍-Team Medical Dragonは、永井明原作、吉沼美恵医療監修、乃木坂太郎作画による日本の医療を題材とした青年漫画。およびそれを原作とするテレビドラマ。一般に『医龍』の部分だけで呼称される。 概要
2002年より、ビッグコミックスペリオールにて連載開始。第50回(平成16年度)小学館漫画賞青年向け部門受賞作品。
作品をおりなす魅力的な登場人物、医療ミス、抗がん剤治療、院内感染、医局制度と現在医療を取り巻く諸問題を告発する物語である。
原作(原案)者の永井明は、医師、医療ジャーナリストとして活躍したが、肝臓がんのため、2004年7月7日に逝去している。

ストーリー
東北の寒村に住まう、天才的な技術を持つ外科医・朝田龍太郎をスカウトに現れた加藤晶(明真大学医学部助教授)。
心臓の難手術であるバチスタ手術論文を成功させて自分の教授就任を図り、今の大学医療を改革するために朝田をスカウトする。
教授・野口賢雄が支配する封建的な病院体制の中、朝田は研修医伊集院を鍛え、また藤吉を始めとする優秀なメンバーを揃え、次々と難手術を成功に導く。
医局の権威を無視する朝田に警戒感を持つ野口は、朝田を招いた責任を取らせるために加藤追放と後任に朝田の最大のライバル霧島軍司を起用する事を決断する。

テレビドラマ
2006年4月13日から6月29日まで、フジテレビ系列にて毎週木曜日の22:00~22:54に放送。全11回。(初回と最終回は15分拡大して、23:09までの放送。6月22日は、サッカーW杯中継のため放送はなかった。連続ドラマが放送中止は異例。)

漫画版からの変更点
ER教授鬼頭の性別変更(鬼頭直人→鬼頭笙子)。笙子という名前は、原作で登場する国立笙一郎の名前からとられていると考えられる。
原作にある台詞が、ドラマでは他の人物に割り振られていることが多くある。
原作では特に関係がなかった加藤晶と霧島軍司が恋人同士という設定。
原作ではバチスタチームに名称は存在しないがドラマでは「チーム・ドラゴン」になっている。
祖父江の所属する科の変更(消化器外科→脳神経外科)。
チーム・ドラゴンのメンバーとして、臨床工学士に山田隆一という人物が追加されている(原作には登場せず)。
ドラマでは、霧島軍司が行ったバチスタ手術が国内初という扱いになっていた。また、霧島の手術チームについては原作では言及されていないが、ドラマでは海外の著名な医師と組んで行われた。
脚本は原作版とほぼ同一の流れを汲んでいる。しかしながら原作が「大学病院への不信感」というものを大きく露呈していることに対し、ドラマにおいてはややマイルドに脚色し直されている。この大きな理由としては、不特定多数の視聴者に対し、いたずらに大学病院に対する不安感・不信感を煽りかねないということへの配慮と推測される。

原作のドラマ化に対する評価
他の曜日も含め、同クール・同時間帯のドラマの中でも、高い評価と人気を得ている。その理由として、原作の雰囲気を壊さずに、過剰な演出や脚色を控えて、テーマのみを追求している事が挙げられるだろう。

キャスト
朝田龍太郎(33)…坂口憲二
加藤 晶 (35)…稲森いずみ
伊集院登 (26)…小池徹平
霧島軍司 (39)…北村一輝
荒瀬門次 (34)…阿部サダヲ
里原ミキ (25)…水川あさみ
木原毅彦 (35)…池田鉄洋
藤吉圭介 (38)…佐々木蔵之介
鬼頭笙子 (45)…夏木マリ
野口賢雄 (59)…岸部一徳
祖父江真二(?)…清水紘治

スタッフ
原作:永井明
漫画:乃木坂太郎(小学館刊「隔週刊ビッグコミックスペリオール」連載)
脚本:林宏司
音楽:河野伸、澤野弘之
医療アドバイザー:吉沼美恵
原案協力:武藤心平、判治直人、彦坂淳(小学館「隔週刊ビッグコミックスペリオール」編集部)
主題歌:AI「Believe」
挿入歌:関山藍果「Aesthetic」
プロデューサー:長部聡介、東康之
演出:久保田哲史、水田成英
制作:フジテレビドラマ制作センター
制作著作:フジテレビ
スポンサーサイト
ドラマ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。