スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

『DEATH NOTE』(デスノート)

『DEATH NOTE』(デスノート)は、2003年12月-2006年5月まで少年漫画誌「週刊少年ジャンプ」(2004年1号-2006年24号)で連載された、サイコサスペンス漫画作品。原作は大場つぐみ、漫画は小畑健。

これを原作とした様々な作品の商品化が多方面で行われている。

タイトルとなっている「DEATH NOTE」は、作中に登場する架空のノートの名称でもあるが、本項では、特に断りのない限り、漫画作品について記述する。  
概要
2003年8月に「週刊少年ジャンプ」へ掲載された読み切り漫画が元となっている。なお、作品の内容は連載版とは似て非なるものである。

2006年1月現在単行本は初版100万部(漫画単行本最速記録)。また、10巻までの累計発行部数が1400万部を突破する人気であり、これは、この時点でアニメ化がされていない漫画作品としてはかなり異例のことである。

原作の雑誌連載は既に完結したが、実写映画化、ライトノベル作家の西尾維新による小説化、テレビアニメ化、ゲーム化といったさまざまなメディアミックス展開が予定されている。また映画では日本映画界初の前売り券完売を記録した。


特徴この作品には、他の少年漫画作品と一線を画している点が多い。その最大の特徴は、多くの週刊少年ジャンプ掲載漫画作品の中で、最大のテーマとして頻繁に使われる「ジャンプ三原則」の「友情・努力・勝利」という三大儀を、とてつもなく歪んだ形で表現していることである。「友情を犠牲にしても、努力していかに相手を出し抜き勝利するか」という物語性から、週刊少年ジャンプに相応しくないとの意見が、一部の読者から寄せられていた。

作風
本作におけるバトルとは、常識外れの「知略戦」である。これに類する他作品としては、『ハンター×ハンター』 『賭博黙示録カイジ』 『遊戯王』 『ジョジョの奇妙な冒険』 などが挙げられる。これに加え、『金田一少年の事件簿』などのミステリで使われる、犯人の裏をかいて追いつめる要素も、この作品の面白さの一つだろう。

また、本作では「現実世界における怪奇的な犯罪」を扱っており、作品全体のダークでシリアスな雰囲気は、『リング』 『パラサイト・イヴ』などの現代ホラー作品に近い。

本作が、小中学生の読者にも人気になった理由としては、学校で話の種になりやすい「不幸の手紙」などの『都市伝説』の要素があった事も、大きな要因だろう。また人をはずれた力を持つというのが、星新一の作風との共通点でもある。

注目点
ストーリーにおいて特筆すべきは、主人公は犯罪者(確信犯=道徳的・宗教的に基く正当だと確信してなされる犯罪)であり、悪役の視点で物語が進行している点である。悪役の視点で進行しながらも、読者も「一体感・達成感」を感じられる点には、注目すべきだろう。

さらに重要なのは、探偵とのバトルの行方次第では、大量殺人者キラが「神にも救世主にもなりうる」ことである。キラの存在は、単純に「悪」とは言えず、これまで社会が黙殺してきた「闇の部分」である。そこにスポットを当てた本作品は、まさしく異色作と言えるだろう。

また、探偵側・犯罪者側どちらも、一般人の常識に捉われておらず、ただ己の「信念」のために戦っている。際立ったカリスマ同士のバトルであり、読者がそれに魅了されているのも、本作の大きな特徴である。

問題点

著作権の問題

中国遼寧省瀋陽市で、この漫画に触発され、死のルールなど作品のデスノートの設定通りに作られた「DEATH NOTE 死亡筆記」(「デスノート」の中国名)という名称のノートが文房具店などで発売された事がある。このノートが話題となり、主にこれを購入した漫画読者層の未成年者などが、ストレス解消などの理由で、漫画の設定を真似て「気に入らない人の名前」を書き込んだ事が、中国の国内で社会問題になった。興味本位でデスノートという設定を真似、死を「スリルのある遊び」として扱った、子供たちに関わるこの事件を危惧した中国や、その他海外の人々からは、そのノートよりも「DEATH NOTE」という作品そのものが批判の対象になった。
この事件はネットなどを介して知られ、日本の「DEATH NOTE」読者の間でも話題になったが、さほど問題視されなかった。それは問題のノートが中国製の海賊版商品だったため、近年の傾向もあり、事件の社会性や問題性よりも、著作権法違反という点が日本では重視された。また、国内で流れた情報が少なかったために、「デスノート」が実際に商品として発売された、というあまり具体性のない個所のみが注目されたためと思われる。

道徳的な問題

本作の人気の裏には、当然だが批判的な意見も強く存在する。映画作品『バトル・ロワイアル』に影響を受けたとされている、未成年の女児が起こした日本の長崎小6女児同級生殺害事件のような、小中学生などの低年齢層による犯罪が起こる事を危惧する読者がいない訳がなく、上述の社会問題のような「スリルのある、遊び」ならまだしも、実際にDEATH NOTEという作品が、社会や人に与える影響を危険視する人々は国内にも多く存在する。
一方で、作中のキラ崇拝思想は罪の大小を問わず、犯罪を犯した者の命を非常に軽んじている。近代の司法制度から見れば、こちらの倫理にかかわる部分も問題である。しかし、現実の近年の日本の犯罪事情と共感させる部分もあり、窃盗、強盗、性犯罪などの罪を軽んじてる人たちに、犯罪は絶対いけないということを暗に示しており、賛否両論である。

あらすじ
第一部
キラ vs L


「このノートに、名前を書かれた人間は死ぬ。」
死神リュークが落としたデスノートを手に入れた、日本の高校生・夜神月(やがみ ライト)。自分の行為を正義と信じる月は、犯罪者のいない理想の新世界の神になることを誓う。月は、世界中の犯罪者の名を次々とノートに書き込んでいき、やがてその存在に気付いた大衆は、「キラ」(Killer=殺し屋に由来)と呼び始めるようになる。
一方、キラの存在を察したICPOは、手がけた事件は必ず解決に導くとされる「L」と呼ばれる探偵にキラ事件の調査を依頼。Lは、全世界の警察を掌握できる唯一の存在であり、その本名はおろか、居場所も顔すらも誰も知らされていない。
キラを「悪」と考えるLは、大胆な方法で「キラが日本の関東にいること」を証明し、日本に捜査本部を設けキラに挑む。こうして二人は、お互いの正体を暴く為に、それぞれの正義を掲げて対立することになる。

第二のキラ

トップの成績で合格し、東応大学に進学した夜神月。その前に現れたのは、同じくトップ合格だったLこと、竜崎であった。Lは巧みな駆け引きで、月に捜査協力を願い出て、その行動を分析しようとする。追う者・追われる者が共同捜査する、緻密な心理戦が始まった。
それと前後して、差出人がキラとなっているビデオテープが、テレビ局に届く。それを見たLは、「第二のキラ」であると推理し、月も意見を同じくする。
第二のキラを捕まえようとする捜査本部。月は捜査本部より先に第二のキラを見つけようとするが、逆に見つかってしまう。結果、第二のキラと繋がりを持つことに成功した月だったが、ビデオテープ等の証拠から第二のキラが逮捕されてしまい、自分の身も危うくなってしまう。

第三のキラ

追い詰められた夜神月は、デスノートの特性を活かし、起死回生の策を講じる。Lに監視された状態で、デスノートの所有権を放棄したのだ。ノートに関する「一切の記憶」を無くした上で、Lとの共同捜査を行う月は、新しいデスノートの所有者が、大企業「ヨツバ」の関係者である事を突き止める。
ヨツバ本社への潜入に成功し、キラによる殺人を画策する「8人の幹部」が判明する。この中に第三のキラ、もしくは協力者がいると見た捜査本部は、容疑者を罠にかけようと計画するのであった。

第二部

誘拐事件


夜神月の策略によるLの死から、5年後の世界…
東応大学を卒業した月は、捜査本部の了解を経て、Lとして活動していた。しかし裏ではキラとして、世界中の犯罪者を裁いていき、キラとLの「いたちごっこ」を見事に演出し続けていた。遂にはキラを認めると表明する国家も現れ、世界は確実にキラの理想とする「新世界」に近づいていた…。
そんな月の前に、Lの遺志を継ぐ二人の少年が現れる。一人目の少年メロは、マフィアとして警察庁長官を誘拐、捜査本部に「死のノート」との交換を要求する。事件解決の為、LとしてFBI長官に協力を要請する月。しかし、それに対応したのは、Lの後継者を名乗るもうひとりの少年、Nことニアであった。
こうして三人は、それぞれの意志を掲げて対立し、三つ巴の戦いを展開することになる。

第四のキラ

ニアの捜査の手は、次第にキラを追い詰めていく。
ミサから足がつく事を怖れた夜神月は、キラを神と崇拝する魅上照にデスノートを渡して犯罪者の裁きを任せる。キラの思想を汚した出目川をデスノートで粛清した魅上は、新たなる「キラの代弁者」として、大学時代に月と恋人関係にあった高田清美を指名する。
SPKの他、ついには捜査本部のメンバーにまで疑念を持たれ双方から監視される月。しかし、清美を通じて「魅上とのコンタクト」に成功する。一方、キラとの決戦に備え、ミサを拘束したニアは、いよいよ「キラとの対決」を宣言するのだった。
スポンサーサイト
アニメ・漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。