スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

野沢 那智

野沢 那智(のざわ なち、1938年1月13日 - )は東京都出身の男性声優・俳優・演出家。本名は同表記で「のざわ やすとも」。賢プロダクション所属。

声優業界の大御所の一人として知られ、あまたの洋画吹き替え・アニメ作品で声の出演、またラジオDJ・ナレーターなどを手がける。特にブルース・ウィリスの吹き替えは絶品で、彼の息遣いまで吹き替えている。残念ながらソフト版は殆ど別人が吹き替えており、野沢の吹き替えはTV洋画劇場のみでしか堪能できない。父は作家の陸直次郎。姪にタレントの野沢直子がおり、また長男の野沢聡はミュージカル俳優として活躍している。
略歴
国学院大学中退後、劇団「七曜会」に所属し舞台の世界へ。その後、劇団「城」、プロダクション「俳協」「青二プロダクション」を経て、1977年劇団薔薇座を設立した。 役者、舞台プロデュース、舞台演出の傍ら、声優業でも活躍。

主宰していた劇団薔薇座では、プロデュースと演出を担当。ストレートプレイ、ミュージカルの上演に力を注いだ。1988年、劇団薔薇座の第21回公演ミュージカル『スイート・チャリティ』で文化庁芸術祭賞を受賞している。

主な劇団出身者には、安崎求、有本欽隆、石塚運昇、岸野幸正、玄田哲章、椎橋重、菅谷勇、鈴置洋孝、鈴木清信、高島雅羅、竹村拓、鉄炮塚葉子、戸田恵子、富本牧子、豊田真治、中村秀利、難波圭一らがおり、数多くの声優が在籍したことは特筆すべきところである。
昔は演劇の修羅界と言われるほどの指導の厳しさで、皆が言う特徴は「馬鹿!!死ね!!」等の罵詈雑言のダメ出し、灰皿やパイプ椅子が飛んでくるのは当たり前で、その指導の凄まじさから「ナチ収容所」等色々なあだ名が付けられた。公演中やリハーサル中、ロビーで玄田が倒れていた等のハプニングはしばしばあったという。鈴置洋孝は「ここを経験していたから、頑張れた」との言を残し、石塚運昇も当時の感想を「ハードすぎて生活できなかった」とコメント。元薔薇座所属声優は現場の精神的・体力的に尋常でない逆境の中でも「薔薇座の頃に比べたらたいしたこと無いよ」と踏ん張りを見せ、多くの同業者を驚かせていることでも有名である。
深夜ラジオ番組『パックインミュージック』などでパーソナリティとして白石冬美と長くコンビを組み、好評を博した。

野沢の放送第一声はコールランプを非常サインと勘違いし「故障ですか!? 故障ですか!?」と大騒ぎ。前代未聞の珍NGをもっての波乱のスタートを切った。DJに不馴れな最初期はCM中もサインに気付かず話し続ける等、ひたすらNGを連発したが、一方の番組の方は野沢の独特の言い回しから大人気であった。初期は野沢が迷走的に話し続ける内容で作り手も苦しい状況だったが、リスナーから話題を求めるという当時としては画期的なシステムを編み出し、これによって番組は爆発的な人気を得る。また、番組に投書される葉書の内容もかなり独特なものが多々寄せられ、話題を呼んだ。野沢は徹底した平和主義者として知られ、戦争・紛争、武力、暴力またはそれに関わる組織を嫌う。(実際反戦活動をする作家や芸術家、芸能人らとも交流があり、それが番組の話題にもなった)そうした野沢の姿勢・発言から、一部からは“若者に有害な左翼放送である”とクレームが来たこともあるそうだ。武力暴力を否定しながらも、自虐史観でも反体制でもない野沢の感覚は、結論からして右でも左でもなかった極めて中立かつ冷静な視点ということだろうが、下ネタから食事、趣味、思想と話題性に事欠かないバラエティーに溢れた「ナッチャコパック」の愛称で親しまれたパックインミュージックは野沢の話術、石の相づち、リスナーの投書する葉書のトリオによって15年のロングランを誇り、熱狂的なファンも多く終了決定の際にはファンの抗議デモが発生するほどだったという。ラジオ局が反感を買った理由は、ナッチャコパックは人気が未だ上り坂で決して人気低迷や番組制作の問題は無かったにもかかわらず、局内の人事の都合で勝手にこれほどのロングラン人気番組を消滅させてしまう無神経な体制への怒りであった。
現在はパフォーミング・アート・センターの代表を務め、声優・ミュージカルタレント・俳優を目指す人材を育成している。この学校は略称、PAC=パックと呼ばれる。このネーミングが付けられるのも人気番組でありラジオにおける氏の代表作、ナッチャコパックへの思い入れの表われだろうか。

エピソード
元々野沢は舞台演出家志望であった。高度経済成長期最中のテレビ普及にともなってのテレビドラマ黎明期に人手不足からの仕事の手伝いに呼ばれ参加したところ、その仕事の内容とは演出ではなく演じる方=俳優のチョイ役であった。しかも、役柄はなんと性犯罪者。「ちょっと待ってください、こんなの出来ません!!」と困惑した野沢が、次に引き込まれていったもう一つの人手不足の現場がアフレコの世界であった。奇遇な経緯を経て、爆発的に売れっ子声優としての人気を獲得していった野沢だが、最終的には声優の世界から遠ざかり、自分の劇団を復活させ演出家としても大成する。
スターウォーズシリーズのC-3POはスーツアクターであるアンソニー・ダニエルズが声も担当しており、彼が適任であり他に出来る人物はいないと英米のプロの声優らが断言するほどの特徴あるハマり役だった。日本語版製作に当たってこの難役をこなしたのが野沢である。TV、ソフト版とではキャストが代わることは多いが、このキャラクターは別格で共に野沢が吹き替えている。日本におけるスターウォーズのイベントに際して野沢はダニエルズと対面することになったが、アンソニーは通訳を無視して延々と自分の話を続け、野沢いわく「うん、変な奴だった。」とコメントしている。日本語吹き替え版ではかなり希有なはまり役だったが、新スター・ウォーズ三部作が後に製作された際は担当声優が変更になってしまい、旧三部作における野沢の日本語吹き替え版C-3POファンの間ではイメージの変化等からかなり落胆の声や困惑が生じたという。この規模の大作において、原作の俳優にこちらの吹き替えキャストが紹介されることはほぼ例が無く、如何に野沢が吹き替え俳優として無二の偉業を成し遂げたか、このエピソードが物語っている。ちなみに野沢は作中のキャラクターではベン・ケノービが好き。
その流暢な活舌と巧みな話芸は絶品であり、かの久米宏も影響を受けていると公言している

出演作品
洋画吹き替えではアラン・ドロンに始まりいわゆる二枚目の役が印象強いが、ガラリと雰囲気を変えた三枚目もこなし、本人いわく「狂人が得意分野」とのことである。悟空の大冒険において三蔵法師がオカマキャラになってしまったのも実は野沢の仕業である。

吹き替え
洋画

アラン・ドロン
ブルース・ウィリス
クリント・イーストウッド
ジュリアーノ・ジェンマ
デビッド・マッカラム
ロバート・レッドフォード
アル・パチーノ
ダスティン・ホフマン
C-3PO(スター・ウォーズシリーズ)

TVドラマ
0011ナポレオン・ソロ(イリヤ・クリヤキン)
刑事ナッシュ・ブリッジス(ナッシュ・ブリッジス)

テレビアニメ
アソボット戦記五九(プロフェッサーD)
新・エースをねらえ!(宗方仁)
ガラスの仮面`84年版(速水真澄)
サクラ大戦シリーズ(鬼王、真宮寺一馬)
さすらいくん(さすらいくん)
サラリーマン金太郎(黒川優作)
スペースコブラ(コブラ)
チキチキマシン猛レース(実況)
釣りキチ三平(鮎川魚紳)
Dr.スランプ アラレちゃん(Dr.マシリト)
どろろ(百鬼丸)
花田少年史(花田徳次郎)
HELLSING(アレクサンド・アンデルセン神父)
ブラック・ジャック(琵琶丸)
ベルサイユのばら(フェルゼン)
ポケットモンスターアドバンスジェネレーション(ウコン)
名探偵コナン(2006年5月29日放送 第440話「極限のカースタント」力石健吾)
MONSTER(フランツ・ボナパルタ)
RAGNAROK THE ANIMATION(ゼフェル)
ルパン三世 ルパン暗殺指令(ジョン・クローズ)
ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密(貞千代)
マリンエクスプレス(ブラック・ジャック)
ブレーメン4(ブラック・ジャック)
いじわるばあさん(いじわるじいさん)
悟空の大冒険(三蔵法師)
劇場版作品
ヤマトよ永遠に(アルフォン)
クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(ハイグレ魔王)
ルパン三世 DEAD OR ALIVE(クライシス)
ドラゴンボール 魔神城のねむり姫(ルシフェル)
ブラック・ジャック ふたりの黒い医者(琵琶丸)
トムとジェリー ワイルド・スピード(おばあちゃん)
OVA
銀河英雄伝説外伝-千億の星、千億の光(ヘルマン・フォン・リューネブルグ)
ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日(暮れなずむ幽鬼)
ルパン三世 生きていた魔術師(パイカル)
ルパン三世 パイロットフィルム (シネマスコープ版)(ルパン三世)

映画出演
風の歌を聴け

ゲーム
EVEシリーズ(甲野三郎)
サクラ大戦
ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVII(宝条)
COBRA THE ARCADE(コブラ)

ラジオ番組
出演中
野沢那智のさわやかカーライフ(過去には西日本放送やラジオ関西で放送、現在は大分放送で放送中)
それ行けマイカー(福井放送)
過去の出演
パックインミュージック(TBSラジオ)
You Got a Friends(夕方フレンズ)(文化放送)
那智チャコハッピーフレンズ(文化放送)
いう気リンリン那智チャコワイド(文化放送)
音楽千夜一夜(FM東京)
野沢那智のハローモーニング(TBSラジオ)
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。