スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

菊地凛子オスカー見えた「わくわくしています」

 「こんなニュースをいただけて、大変光栄です。両親にすごくいいプレゼントになったと思います。当日また会場でみんな(共演者)に会えるのが楽しみで、今からわくわくしています」

 第79回アカデミー賞で助演女優賞にノミネートされた菊地凛子(26)は23日、仕事先のパリで聞いた朗報に、感激していた。

 米映画「バベル」(日本4月公開)で、ろうあの女子高生役を熱演した菊地がノミネートされた助演女優賞は、日本人女優として1957年に「サヨナラ」で同賞を受賞したナンシー梅木以来49年ぶり。男優を合わせても、2003年に「ラスト・サムライ」で助演男優賞にノミネートされた渡辺謙(47)に続き、5人目の快挙となる。

 「バベル」は、同賞のほか、作品賞、監督賞を含む6部門で7ノミネートされている。

 15日に行われたアカデミー賞の前哨戦「ゴールデン・グローブ賞」では、助演女優賞にノミネートされたものの、惜しくも受賞はならなかった菊地だけに、今回は大きな期待がかかる。発表は2月25日(日本時間26日)。

 また、渡辺謙ら日本人俳優が出演した「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督)は、作品賞、監督賞など4部門でノミネートされた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070124-00000010-ykf-ent&kz=ent
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。