スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

天才子役のダコタ・ファニング、話題作の批判に怒り

「シャーロットのおくりもの」で主演した12歳の米天才子役のダコタ・ファニングさんが、新作の「ハウンドドッグ」への批判に怒りをあらわにした。
 ファニングさんはこの映画で、レイプされる少女役に挑戦。しかし、この衝撃的な内容に対し、非難の声があがり、映画自体のみならず、彼女にこの役を勧めたとして、彼女の母親やエージェントに対しても非難が向けられている。
 身内にまで非難が及んでいることに対し、ファニングさんは取材で「ほかの事で何か言われるのは構わないけど、私の母ことまで言うのはひどいと思う。単なる攻撃でフェアーじゃないわ。彼らは映画を見ていないのよ」と、語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000369-reu-ent&kz=ent
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。