スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

一青窈、不倫騒動…音楽プロデューサー小林武史と“親密交際”

 「もらい泣き」などのヒットで知られる歌手、一青窈(30)=写真=と音楽プロデューサーの小林武史(47)に25日、不倫騒動が持ち上がった。26日発売の写真週刊誌「フライデー」が報じている。一青窈にとっては初の“スキャンダル”発覚となった。

 「もらい泣き」の大ヒットで知られる一青窈に初めてのスキャンダルだ。しかもお相手は、人気バンド、Mr.Childrenやサザンオールスターズのプロデュースで知られる大物音楽プロデューサーで、妻子のある小林武史というから、ただごとではない。

 2人の「不倫愛」を報じているのは、26日発売の「フライデー」。同誌は、2人が手をつないで都内の住宅街を歩く姿を激写。食事後、一青の自宅で過ごし、深夜1時前に小林が彼女の自宅を後にした様子などを報じている。

 小林は平成8年、自身がプロデュースし、一時はメンバーでもあった人気ユニット「マイ・リトル・ラバー」のボーカル、akko(34)と結婚。2児の父親である。一方、一青は平成14年、「もらい泣き」でデビュー。抜群の歌唱力を武器に「ハナミズキ」などのヒットを連発した人気アーティストだ。これまでスキャンダルとは無縁だった。

 所属レコード会社によると、一青は平成17年、小林がプロデュースしたシングル「指切り」を発売。昨年11月発売のアルバム「BESTYO」には、小林が作曲した楽曲「てんとう虫」が収録されている。

 仕事を通じて知り合った2人だが、ともに音楽界の大物だけに“親密交際”は気になるところ。サンケイスポーツの取材に対し、一青の所属事務所はこの日、「担当者が不在です」。小林の所属事務所は「プライベートなことなのでお答えできません」とコメントした。

 一青は、自身が作詞した「ハナミズキ」では♪君と好きな人が 百年続きますように、とせつせつと歌い上げていた。歌姫と小林の、今後が注目される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000070-sanspo-ent&kz=ent
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。