スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

年金給付、現役年収の51%=低出生率でも景気が下支え

 厚生労働省は26日、50年後の出生率を1.39から1.26に下方修正した新推計人口を前提とした場合でも、厚生年金の給付水準は現役世代の年収の51%は維持できるとの試算を明らかにした。年金の支え手の減少を、好調な景気動向がカバーするとの見通しに基づいている。
 将来の給付水準をめぐり政府は、2004年の年金改革で「現役の50%以上」を確保することを約束。厚労省は、その前提となる人口推計が大幅に変わったことから影響を試算した。最終結果は2月上旬に公表する。
 今回の試算では、内閣府がまとめた今後5年間の経済財政見通しを経済情勢の前提とした。最善のシナリオより厳しい経済指標を採用したが、同省は「それでも50%以上が保たれる」と強調している。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000127-jij-pol&kz=pol
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。