スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

角田参院副議長が辞任=政治資金疑惑で、後任に江田氏ら

 角田義一参院副議長(民主党会派を離脱中)は26日午後、参院議員会館で記者会見し、選挙資金の不正処理疑惑に関し「政治不信を増大させる結果となれば国民に申し訳ない」と述べ、副議長辞任を表明した。25日から始まった国会への影響を懸念した民主党の要請を受け入れた。政治資金に関する閣僚の疑惑を追及しようという矢先の副議長辞任は同党にとって痛手だ。政治とカネをめぐる国民の政治不信も一段と高まりそうだ。
 角田氏は記者会見に先立ち、扇千景議長に辞任願を提出した。30日の参院本会議で許可され、後任が選挙で選ばれる見通し。後任について民主党内では、江田五月元科学技術庁長官や広中和歌子元環境庁長官らの名が挙がっている。
 会見で角田氏は、辞任の理由について「副議長職にとどまることは、衆院を含めた国会全体の円満な運営に少なからず影響が出るとの懸念を持った。民主党内にも国会活動に深刻な影響が出るとの意見があった」と説明した。さらに「一議員としての職責は全うさせていただきたい」と参院議員の辞職は否定した。
 また、2001年の参院選で自身の総合選対本部が約2500万円の献金を集めながら、政治資金収支報告書などに記載していなかったとの疑惑については「(資金団体への)入金は一銭もない。私自身は関知していない」と改めて否定。説明が不十分との批判には「民主党群馬県連は昨年6月から事実上、分裂・内紛状態にあり、会計帳簿や通帳が流出した。資料が存在しないので説明できなかった」と釈明した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000222-jij-pol&kz=pol
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。