スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

パッとしない中森明菜にたったひとつの光明

 中森明菜(41)が久々に元気な姿を見せた。18日、新アルバム「歌姫ベスト」とライブDVDの発売を記念して、5年ぶりの店内イベントを行ったのだ。
 明菜は昨年、デビュー25周年を迎えた。パチンコ台「CR中森明菜・歌姫伝説」を出し、7年ぶりにドラマ「プリマダム」(日本テレビ)に出演。さらに全国ツアーを敢行して、3年ぶりのオリジナルアルバムや新曲もリリースするなど精力的な活動を見せた。
 しかし、ドラマは大コケし、歌もほとんど話題にならなかった。
「男のウワサも聞きません。以前は年下の恋人兼マネジャーと同棲していましたが、どうなっているのか……。最近の明菜はあまりに話題性に乏しい」(女性誌記者)
 そんな明菜にとって唯一の光明――それが「歌姫」シリーズだ。94年にリリースした第1弾が10万枚を売り上げ、02年の2作目は50万枚、03年に発売した3作目は40万枚のヒットを飛ばした。今回のベスト盤は「歌姫」シリーズの集大成で、新たに矢沢永吉の「チャイナタウン」や山口百恵の「いい日旅立ち」のカバーも追加収録。オリコンチャートで4年ぶりにトップ10入り(9位)を果たした。
「矢沢の作品を他のアーティストがカバーしてCD化するのは初めて。それにカバー曲のベスト盤というのは極めて珍しいので、注目されています」(音楽関係者)
「花の82年組」と呼ばれた明菜と同年代の元アイドルたちは、現在も活躍中だ。早見優、堀ちえみ、松本伊代はママドルユニットを結成。小泉今日子も各方面で話題を振りまいている。
 だが、明菜は“本業”の歌で頑張るしかない。「歌姫」として復活し、第一線に返り咲いて欲しい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000002-gen-ent&kz=ent
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。