スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中谷 美紀

中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。スターダストプロモーション所属。東京都東村山市出身。血液型はA型。称号はフランス共和国のボージョレーワイン委員会とフランス食品振興会認定コンパニヨン・デュ・ボージョレー騎士。

略歴
デビュー前、クリエートジャパンにてモデルとして活動していた。
1991年 テレビ朝日系バラエティ番組『桜っ子クラブ』の「となりのマブ子ちゃん大賞」でグランプリ獲得。同じくグランプリを獲得した東恵子とユニット「KEY WEST CLUB」を結成し、11月21日にシングル『お誂え向きのDestiny』で歌手デビュー。その後も「桜っ子クラブさくら組」のメンバーとして活躍。1993年12月にソロ歌手として、ビーイング傘下のルームスレコーズよりシングル『あなたがわからない』でソロデビュー。
1993年 ドラマ『ひとつ屋根の下』で女優デビュー。その後様々なドラマ・映画に出演。また、日本石油(後の新日本石油)の『ワーキレーガソリン』(大沢たかおと共演)や明治製菓の『瞬間清涼』(ロンドンブーツ1号2号と共演)のCMで全国的に顔が知られるようになる。
1996年 シングル『MIND CIRCUS』をリリース。その後再び歌手活動にも力を入れる。作品は坂本龍一や坂本の盟友である大貫妙子らがプロデュース。
1999年 ドラマ『ケイゾク』でドラマ初主演。自身代表作となる。
2002年 絵本『だぁれも知らない』を発表。
2004年 映画『ホテルビーナス』で朝鮮語を話すワイフ役を演じる。
2005年 映画『電車男』でエルメス役を演じる。
書籍版『電車男』の中に「エルメスは中谷美紀に似ている」という部分があり、エルメス役を演じることになった。
エピソード

潔癖症と結婚問題

嫌煙家で、そばでタバコを吸われると「煙の匂いが自分の身体に染み付いたのではないか」と神経質に気にしてしまったり、汚れた便座のふたを触るのが嫌で、男性が小用で使用した後の便座があげられたままである事に嫌悪感を覚えるなど、若干の潔癖症の傾向(特に男性の無神経な行為に対する嫌悪感)があり、またこのことが自分の結婚について考える時、重要な問題になる、ということを中谷はエッセイの中で告白している。エッセイ出版のイベントの際にも彼女は結婚相手の条件として、「使用後に便座を下げる、タバコを吸わない人がいい。」と語っており、潔癖症の傾向と結婚問題は深く結びついているようである。

同性愛者説
過去に、男装して女性歌手であるカヒミ・カリィとキスシーンやベッドシーンなどを収めたグラビアを撮影したり、出演したドラマの中で共演女優とキスシーンを演じた事があることなどから、中谷は実はレズビアン(もしくはバイセクシャル)ではないかという噂が根強く流れている。
しかし、自ら同性愛者であることを告白した事や、女性との恋愛スキャンダルが発覚した事は一度もなく、実際は全く根拠のない噂である。男性スキャンダルがないことや、映画『力道山』のイベントで自身が演じた女性・綾について「こんなお嫁さんが欲しい」と発言した事などを根拠にする意見もあるが、過去に共演した俳優との不倫疑惑が報じられた事もあり、男性スキャンダルがなかったわけではない。

柴咲コウとの姉妹説
所属事務所の後輩である柴咲コウと非常によく似ていることから、二人は姉妹(もしくは異母姉妹・異父姉妹・従姉妹など血縁者)ではないか、という噂がネットを中心に流されているが、実際は全くの他人である(中谷美紀は本名も中谷美紀だが、柴咲コウは本名は山村幸恵)。
中谷自身も柴咲コウに間違えられる事が多いようで、2006年に出版したエッセイ『ないものねだり』の中で、中谷のことを柴咲と勘違いしたファンに「柴咲コウのフリをして、サインもそれっぽく柴咲コウと書いた」ことを告白している。そして、そのエッセイの出版記念イベントに登場する際、中谷は「こんにちは、柴咲コウです。」とあいさつして会場を沸かせ、その模様は一部のスポーツ新聞などでも紹介された。なお、もう一方の当事者である柴咲は中谷と似ていることについて一切発言していない。

三枚目
バラエティ番組などへの露出も少なく、なかなかその私生活が明るみにならないことなどから、外見や演じた役柄から連想される「神秘性のある女性」といった人物像が一人歩きしている傾向がある。
しかし、上記の柴咲コウと似ていることを自らネタにしたり、試写会のイベントなどで会場の笑いをとるなど、実際には三枚目の一面があるようである。このことは彼女の書いたエッセイで特に表れていて、例えば映画『電車男』のロケ中、髪の毛が若干薄い中谷はメイクに髪の薄い部分を眉墨で隠してもらっていたのだが、そのことに対して2ちゃんねるの言葉を使おうとして「ハゲキター!」と言っていると、目の前に頭の薄いエキストラの人がいて非常に気まずい思いをしたことや、夜は赤い腹巻をして寝ていることを明らかにするなど、イメージとは全く異なる一面があることを自らコミカルに告白している。
「中谷流」と指摘される独特な映画のコメントをする事でも有名である。映画自体にまるで興味のないと思われる程素っ気無い感想を映画チラシなどで見る事ができる。「魂を揺さぶられる」「心に響く」という枕詞や「これまで観た、最高の一作。」といった「読点を用い、体言止めで締める」文言で映画の内容を全く指摘しないコメントが中谷流である。

はじめての汚れ役
2006年5月公開予定の映画『嫌われ松子の一生』で主演の松子を演じるが、作品中で松子はソープ嬢になり大胆な濡れ場の描写もあることから、中谷が松子を演じる事は「初の汚れ役である」と一部週刊誌などで話題になっているが、実際は異なる。
初の汚れ役を務めたのは1995年12月に公開された映画初主演作『BeRLiN』(利重剛監督)である。中谷演じる主役の「キョーコ」はデート嬢(売春婦)であった。中谷はオープニングからヌードを披露し(バックショットで正面からではない)、他にもベッドの中で不能客と交わりながら客を励ますシーンや、誇らしげに自分の商売を「○○○○商売(○内は女性器を表す四文字。テレビ放送時には伏せられるがビデオ・DVDではそのまま流される)」と口にするシーンもあり、これをためらいなく演じている。他にも2000年10月公開の『カオス』(中田秀夫監督)では劇中、着替えのシーンで上半身を露にしたり(バックショットのみ)、車中でのベッドシーンを演じた事もあり、さらには上記のカヒミ・カリィとの同性愛を彷彿とさせるグラビアやドラマの共演俳優との大胆なグラビアを発表したこともあるなど、『嫌われ松子の一生』に出演するまで濡れ場やエロティックな描写とは全く無縁だったわけではない。


主な出演作品

テレビ

番組名(放送時期、キー局、放送時間、出演形態:役名)

ひとつ屋根の下(1993年4月、フジテレビ、月曜21時、ゲスト出演:三船愛子)
横浜心中(1994年1月、日本テレビ、水曜22時、レギュラー出演:上條若葉)
遠山金志郎美容室(1994年7月、日本テレビ、土曜22時、レギュラー出演:栗原冬美)
長男の嫁2(1995年10月、TBS、木曜10時、レギュラー出演:渡辺かおり)
俺たちに気をつけろ(1996年4月、よみうりテレビ、月曜22時、レギュラー出演:城ヶ崎遙)
小児病棟・命の季節(1996年7月、テレビ朝日、木曜21時、レギュラー出演:野沢春美)
ふぞろいの林檎たち IV(1997年4月、TBS、金曜22時、レギュラー出演:遠山美保)
恋のためらい(1997年10月、TBS、金曜21時、レギュラー出演:小池美香)
DAYS(1998年1月、CX、月曜21時、レギュラー出演:江崎まゆみ)
ハルモニア この愛の涯て(1998年7月、日本テレビ、土曜21時、レギュラー出演:浅羽由希)
ケイゾク(1999年1月、TBS、金曜22時、主演:柴田純)
ゲームの達人(1999年7月、NHK BS2、火曜23時、出演:篠原螢子、篠原花、篠原雪)原作:シドニィ・シェルダン
女医(1999年7月、よみうりテレビ、月曜22時、主演:宮木有希)原作:シドニー・シェルダン
永遠の仔(2000年4月、日本テレビ、月曜22時、主演:久坂優希)原作:天童荒太
真夏のメリークリスマス(2000年10月、TBS、金曜22時、レギュラー出演:星野波流)
R-17(2001年4月、テレビ朝日、木曜20時54分、主演:森山芽美)
世にも奇妙な物語 秋の特別編 ~仇討ちショー~(2001年10月、フジテレビ、出演:相原蘭)
聖徳太子(2001年11月、NHK、出演:刀自古郎女)-原作:池端俊策
愛と青春の宝塚(2002年、フジテレビ)
恋するトップレディ(2002年、フジテレビ)
恋愛偏差値 第1章~燃えつきるまで~(2002年、フジテレビ)
おとうさん(2002年、TBS)

映画
大失恋(1995年1月、東映、監督 大森一樹、原作 清水ちなみ)麻美 役
BeRLiN(1995年12月、KSS、監督 利重剛)キョーコ 役
リング(1998年2月、東映、監督 中田秀夫、原作 鈴木光司)高野舞 役
らせん(1998年2月、東映、監督 飯田譲治、原作 鈴木光司)高野舞・山村貞子 役
リング2(1999年1月、東映、監督 中田秀夫、原作 鈴木光司)高野舞 役
ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer(2000年2月、東宝、監督 堤幸彦)柴田純 役
カオス(2000年10月、タキコーポレーション/サンセントシネマワークス、監督 中田秀夫、原作 歌野晶午)津島さと美 役
壬生義士伝(2003年1月、松竹、監督 滝田洋二郎、原作 浅田次郎)ぬい 役
ホテルビーナス(2004年3月、アスミック・エース/松竹、監督 タカハタ秀太)ワイフ 役
雨鱒の川(2004年11月、ミコットアンドバサラ、監督 磯村一路、原作 川上健一)加藤沙月 役
約三十の嘘(2005年1月、アスミック・エース、監督 大谷健太郎)宝田真智子 役
電車男(2005年6月、東宝、監督 村上正典、原作 中野独人)エルメス 役
疾走(2005年12月、角川映画、監督 SABU、原作 重松清) アカネ 役
力道山(2006年3月、監督 ソン・ヘソン) 綾 役
嫌われ松子の一生(2006年5月27日公開予定、東宝、監督 中島哲也、原作 山田宗樹)川尻 松子 役(主演)
LOFT(2006年秋公開予定、ファントムフィルム、監督 黒沢清)礼子 役
あかね空(2007年春公開予定、角川ヘラルド、監督 浜本正機、原作 山本一力)おふみ 役

CM
日本石油(1993-95)
明治製菓(1994/10-)
日本IBM (1994-95)
伊藤園「お~いお茶」(1995/5-)
資生堂「ピエヌ」(1997-98)
オンワード樫山「組曲」(1998)
コーセー化粧品「Rutina」(1999/8-)
エスエス製薬「ハイチオールC」(2002/4-)
松下電工「イオニティ/ソイエ」きれいなおねえさん4代目(2003/3-)
カネボウ化粧品「Suisai」(2005/1-)

音楽

シングル(マキシシングル)

MIND CIRCUS(1996年5月17日、FOR LIFE RECORDS)
STRANGE PARADISE(1996年7月19日、FOR LIFE RECORDS)
砂の果実(1997年3月21日、FOR LIFE RECORDS)
天国より野蛮 -WILDER THAN HEAVEN-(1997年5月21日、FOR LIFE RECORDS)
いばらの冠(1997年9月3日、FOR LIFE RECORDS)
クロニック・ラヴ(1999年2月10日、WARNER MUSIC JAPAN)
フロンティア(1999年7月28日、WARNER MUSIC JAPAN)
こわれたこころ(2000年5月17日、WARNER MUSIC JAPAN)
エアーポケット(2001年5月9日、WARNER MUSIC JAPAN)

アルバム
食物連鎖(1996年9月4日、FOR LIFE RECORDS)
cure(1997年9月26日、FOR LIFE RECORDS)
vague(1997年11月21日、FOR LIFE RECORDS)Remix album
Absolute value(1998年8月21日、FOR LIFE RECORDS)Best album
私生活(1999年11月10日、WARNER MUSIC JAPAN)
PURE BEST(2001年9月27日、FOR LIFE RECORDS)Best album(完全生産限定盤)
MIKI(2001年11月12日、WARNER MUSIC JAPAN)Best album

ビデオ
butterfish(1997年5月21日、FOR LIFE RECORDS)
Completeness(1998年8月21日、FOR LIFE RECORDS)PV集
Air Pocket(2002年2月27日、WARNER MUSIC JAPAN)PV

DVD
こわれたこころ(2000年10月25日、WARNER MUSIC JAPAN)PV
Air Pocket(2002年2月27日、WARNER MUSIC JAPAN)PV

書籍
裸婦(1998年)メディアファクトリー(パソコン用CD-ROMゲームつき書籍)
だぁれも知らない(2002年)小学館
ないものねだり(2006年1月)マガジンハウス
嫌われ松子の一年(2006年5月)ぴあ

写真集
ABOUT A GIRL(1996年6月)LITTLE MORE出版社
NAKATANI(2001年1月)ロッキング・オン
光(2003年10月)ロッキング・オン
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。