スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

洋画が巻き返し?07年の映画シーン大予測

 06年の映画界は日本映画の話題ばかりが目立つかたちとなった。洋画では05年からの公開の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』や『ダ・ヴィンチ・コード』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』に『M:i:III』、そしてクリント・イーストウッドの『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』の“硫黄島"2部作あたりが気を吐いたものの、日本映画の勢いが圧倒的に勝った感がある。

 実際、日本映画製作者連盟がまとめたところでは、06年の日本映画の興行収入が洋画を21年ぶりに上回る見込みだという(11月までの興行収入の統計から)。05年の日本映画の興行収入比率は41.3パーセントだったが、06年は11月時点で53パーセントに達している。12月には『武士の一分』や『大奥』をはじめ、『劇場版 どうぶつの森』『劇場版BLEACHブリーチ Memories of Nobody』といったアニメーション作品が登場したことから、日本映画だけでも興収が1000億円を超えるとの声も上がっている。

 では、07年もまた日本映画の伸びが続くかというと、ひとえに06年以上に話題をもった作品を輩出することができるかにかかっているが、ラインナップを見る限り、決して予断は許さない。むしろ洋画の方が大ヒットしたシリーズを総結集する分、確実な数字が見込めると分析されている。

 まず05年から06年にかけて110億円の興行収入をあげた『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の余勢を駆って、シリーズ最新作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(7月)が登場する。成長著しいポッターが闇の帝王と戦うために厳しい魔法修行に乗り出すストーリーで、いよいよシリーズも佳境に入ることになる。監督にイギリステレビ界出身のデビッド・イェーツを抜擢したことによって、これまで以上のダイナミックな語り口と映像が期待されている。

 同じく100億円を超えるヒットを記録したシリーズの完結編、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(5月25日)がある。主演のジョニー・デップ人気もさることながら、前作が“完結編に続く"かたちで終わっているため、前作並み、もしくはそれ以上の動員が期待されている。香港映画界から世界進出を果たしたチョウ・ユンファの出演も決定しているとあって、スケールはさらに広く豪華になったとか。

 この他にも『スパイダーマン3』(5月5日)、『オーシャンズ13』(7月)、12年ぶりにシリーズ復活となった『ダイ・ハード4.0(仮題)』(6月全米公開)や、シルベスター・スタローンが16年の歳月を経て、またまた老体に鞭打って四角いリングに立つ『ロッキー・ザ・ファイナル』(4月21日)まで、映画ファンには馴染みのある作品が並ぶ。

 ここまでシリーズ作品が揃ってしまう07年は、ある意味でアメリカ映画界の風潮の分岐点となる可能性が大だ。ハリウッドの製作者サイドは、往年の名作やTVシリーズのリメイク、あるいはコミックス、ファンタジー小説などの映画化に限界を感じはじめており、リスクを冒してもオリジナルストーリーで勝負して、次につながる新たな人気シリーズを生み出すことを急務としているからだ。そうした動きが実を結ぶかどうか、成り行きが注目されるところだ。

 一方、日本映画を見渡すと、今年に比べて、大仕掛けのスペクタクルよりもむしろ情感に訴える作品が優先されている。東京・新宿をはじめ日本各地にシネマコンプレックスがさらに誕生する映画館環境のなかで、こうした日本映画界の狙いが強力な洋画群を押さえて、06年と同じような状況をつくれるかどうか。まずは見守っていきたい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000026-oric-ent&kz=ent

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。