スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

東八郎

東八郎(あずま はちろう、1936年5月31日 - 1988年7月6日、本名:飛田義一(ひだ ぎいち) )は昭和後期(1960年代後半-1980年代)のコメディアン、タレント。東京都台東区浅草の出身。昭和時代を代表するコメディアンであると同時に、お笑いコンビTAKE2の東貴博の父(貴博のほかにも4人子供がいる)。

来歴・人物
中学卒業後、コメディアンを志し、歌手・田谷力三に弟子入り。浅草公園六区の浅草フランス座等で活躍(この頃のフランス座には、関敬六、長門勇、渥美清など後に有名になったコメディアン達が出演していた)。しかし、テレビの台頭と共に、浅草の演劇街が衰退してきたため、小島三児、原田健二と共にトリオ・スカイラインを結成し、テレビに進出。コントを行い、人気を博した。トリオ・スカイラインは、1971年に解散し、以降は単独で芸能活動を行う。三波伸介とともに、NHK「お笑いオンステージ」にレギュラー出演。全国区のコメディアンとなった。その後。東八郎劇団を結成し、後進の育成にも力を注ぎ、全国各地で喜劇を演じていた。晩年では、志村けん主演の「バカ殿様」の家老役や、おでこに「光」のシールを貼りBGMにメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が流れる「ヨード卵光」のコマーシャルが有名であった。なお、萩本欽一は一番弟子である。

テレビ出演も順調、その年の春には芸能人養成のために私塾を開いていた1988年7月6日に、脳内出血をおこし、急死。52歳であった。死の数日前まで、問題なくテレビ出演をこなしており、突然の訃報は、視聴者はおろかテレビ関係者も驚愕・悲嘆を禁じえなかったといわれる。

芸人や目下の人間の面倒見がよく裏表のない性格だった。料理などを彼らに気前よく振舞い、そんな東に好意をもっていた関係者は多数。志村もそのひとりで、八郎の死で私塾(塾生約30名)が解散となったとき「(当時の)自分には一人だけしか面倒みてやれる余裕がないが誰か生徒さんの面倒を見たい」と申し出、そのとき志村の付け人に採用されたのがジョーダンズ・山崎まさやだった。短い生涯ではあったが芸能界にある意味広く深い縦横の人脈づくりに貢献した人でもあったのも評価できる。

ギャグ
頑張れ、強いぞ、僕らのなまか~(赤胴鈴之助のテーマ曲の替え歌で、『仲間』が訛って『なまか』となった)

テレビ番組
「お笑いオンステージ」
「オールスター家族対抗歌合戦」
「志村けんのバカ殿様」
「お笑いスター誕生」
スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。