スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

加藤 茶

加藤 茶(かとう ちゃ、本名:加藤 英文(かとう ひでゆき)、男性、1943年3月1日 - )は、日本の男性コメディアン・歌手・ドラマー・俳優であり、ザ・ドリフターズの一員である。血液型はAB型。愛称は「カト茶」「カトちゃん」「ヒデ坊」「チャー坊」など。  
来歴

ドリフ入りまで

東京都出身だが、幼い頃両親が離婚し、物心つく前に母親に引き取られ福島県福島市で妹と共に暮らす。学法福島高校入学。愛媛県出身だという説もある。
高校中退後、1960年東京の叔母を頼って上京。
上京後、トロンボーン奏者を目指してスターダスターズのバンドボーイをやるが、ある日手当ての100円をマネージャーに催促したところ、マネージャーに100円を投げつけられ、頭に来てマネージャーと喧嘩して首になる。その後、ドラマーとしてクレージーウエストにメンバー入りし、仲本コージ(現、仲本工事)と出会う。
1962年、碇矢長一(後のいかりや長介)と同時期に、「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」にメンバー入り。
※以上は『いつみても波瀾万丈』(日本テレビ)による。尚様々な文献で、年代や住所等の証言が食い違い、高校は卒業となっていたり、両親離婚後は父親と共に日本中を旅歩いていた等々の記述も見られる。どれが本当かは不明である。

ドリフ時代
1964年には、ドリフの初レギュラー番組『ホイホイミュージックスクール』にて、「加トちゃんぺ」のギャグが受け、一躍人気者となる。これは、付け髭の糊が剥がれやすかったために、度々2本指で押さえていたものがギャグとして通用したと本人が語っている。
1964年、ドリフ内部で発生したクーデター(詳細はザ・ドリフターズを参照)の際、碇矢と共にドリフに残り、新生ドリフを立ち上げる。新生ドリフ結成直後、当時所属していた渡辺プロダクションの先輩・ハナ肇に「芸事で飯を食っていこうとするのなら、水にかかわりのある芸名にしたほうがいい。お前は、みんなから、<加トちゃん>って呼ばれてるんだから、加藤茶にしなさい」と言われ、芸名が加藤茶となった。
1969年より『8時だョ!全員集合』にて、様々な一発芸をヒットさせ、1970年代前半には小学生の間でカリスマ的存在となる。この時代のトレードマークは禿げヅラにビン底メガネであり、現在タレントショップ等で売られている彼のキャラクターグッズも、それらを装着した姿をモチーフにしたものが多い。
社会や人間関係の縮図をディフォルメした初期のコントや映画に於いては、お笑い(いつも損をする役、イジメられ役、笑われ役)の中心で、ドリフメンバーの中で最も持ちネタやギャグが多かった。特に「タブー」の曲に合わせて踊る「ちょっとだけよ」は大ブレークした。
2004年、いかりや長介が死去したことにより、ザ・ドリフターズの最古参メンバーとなった。いかりや長介の葬儀の際には、最古参メンバーということで、年長の高木ブーに代わって弔辞を読んだ。この中で、加藤は「これから4人でドリフターズ、まだやっていくよ。あんたが残した財産だからね」と読んでいる。いかりやに向けた、加藤の決意表明でもあった。
現在「加トちゃんBAND」、「こぶ茶バンド」のメンバーを兼任し、お笑いだけでなく、ミュージシャンとしても活躍している。

エピソード
ドリフ全盛期の頃いかりや長介にガミガミ怒られたとき、こっそりいかりや長介の私物にいたずらをしていたことを暴露した。
スピード狂のところがあり、交通事故を起こしたり、首都高速を100キロオーバー? などスピード違反で数回処分歴あり。後の『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』でも、カーアクションシーンでの運転(実際のアクション部分はもちろんスタントか代用人形だったが)はだいたい加藤である(ただし、これは志村が運転免許を持っていないため志村の運転だとリアリティに欠けるというのも一因である)。
弟子は不明だが全員集合時代、付き人兼居候に志村けん、運転手にすわしんじ(現・すわ親治)がいた。
1987年11月に結婚した夫人と2003年3月に熟年離婚したが、病気療養中のいかりや長介に心配をかけないようにとの心遣いから、このことはいかりやの死後まで公表しなかった。
いかりや曰く「ネタを積極的に出すタイプではなかったが、笑いを誘う間が良かった。ミュージシャンとしての才能、特にリズム感がお笑いでも生きている」。音楽活動やドラマ、トーク番組と今でも活動範囲は広い。
ドラマーとしての評価も高い。全員集合で披露した素晴らしい演奏は語り草である。
新生ドリフは、全員集合終了までソロ活動を行なわせなかったといかりやは語っているが、加藤のみクレージーキャッツの植木等と映画で共演していた。
60歳を越えた現在でも銀座通いを続けているらしく、本人いわく夢は「100歳になるまで同伴出勤」。仕事の無い日は一晩中呑んで帰宅し、朝7時に就寝する生活をしていることを『クイズ!紳助くん』内で激白し、司会の島田紳助から「ただのアホな子どもですやん!62(歳)で朝7時に寝るジジイおらんで」とツッコまれている。
深夜に起きている生活からか、『松紳』などの深夜番組をよく見ているらしい。
最近では、それぞれの県や観光地ごとに自身がキャラクターモデルとなった「御当地加トちゃん」が発売されている。
最近はバラエティ番組においても「家に帰っても誰もいないのよ」などと自らの離婚をネタにしたトークを繰り広げることが多くなった。とくに、「行列のできる法律相談所」において離婚を決意した日のことを語ったときにはあまりの内容の重さに司会の島田紳助から「その続きは情熱大陸でやってもらいましょ」といわれるほどだった。

スポンサーサイト
芸能人 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。