スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

平岡祐太、「小林武史に曲をカバーされてしまった」と暴露

第26回吉川英治新人文学賞を受賞した気鋭作家・瀬尾まいこの同名小説を映画化した『幸福な食卓』が1月27日(土)公開され、主要キャストが舞台挨拶を行なった。主演の北乃きいは、歴代スターを生み出している「ネスレ キットカット」の7代目イメージキャラクターに先日決まったばかりの旬・女優。そんな彼女は、本作で映画初出演・初主演となるが、「今舞台に立っていることが本当に不思議だけど、とても幸せです」と満面の笑みで挨拶を行なった。

平岡祐太は、作品中であまりうまくないという設定のギターを披露するが、実は、ギターは趣味でよく弾くという。「映画のために5曲作曲して実際弾いているんですが、1曲だけ採用されたのみで、後は音楽プロデューサーの小林武史さんの曲にカバーされてしまっていたので悲しかったです」と、真相を暴露。小林武史は、本作の音楽監督を務めている。

北乃は、「普段気付かない家族のありがたみや大切さ、忘れかけていた大切なものを思い出させてくれるような素敵な映画だと思います」と挨拶を締めくくった。家庭崩壊というと、多額の借金、家庭内暴力、不倫など、目に見えて起こる不幸が取り沙汰されるが、実はこんな何気ない日常に崩壊する芽が潜んでいると思わされる。そしてだからこそ、普通の日常生活や食卓での会話の中にこそ、家族が再生できるカギがあるのではないだろうか。

『幸福な食卓』
1月27日(土)東劇ほか全国公開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000000-pia-ent&kz=ent
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。