スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

菊地凛子への栗山千明と小雪の「複雑な心境」

 ハリウッドデビュー作でいきなりオスカー候補である。
 来月26日(日本時間)に授賞式が行われる第79回アカデミー賞。映画「バベル」でろうあの女子高生を演じた菊地凛子(26)が助演女優賞にノミネートされた。
 アカデミー賞にノミネートされた日本人女優は史上2人目。58年に「サヨナラ」で助演女優賞を受賞したナンシー梅木以来の快挙だ。
 菊地は99年に映画「生きたい」でデビュー。当初は「菊地百合子」の名前で芸能活動をしていた。04年に「凛子」に改名し、昨年は富士通「FMV」のCMで木村拓哉と共演した。
「無名女優だった菊地は今回の件で一気に注目度と知名度がアップ。渡辺謙もアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされてから立て続けにハリウッド映画に出演していて、“オスカー効果”は絶大です。今後、ハリウッドの“日本人女優枠”には真っ先に菊地の名前が挙がるようになる」(映画関係者)
 そうなると面白くないのが“ハリウッド女優”をアピールしたい栗山千明(22)や小雪(30)だ。
「栗山と小雪は立場が微妙になりますね。『キル・ビル』でブッ飛んだ女子高生を演じた栗山は菊地とキャラがかぶるし、『ラスト・サムライ』で注目を集めた小雪は、演技力で菊地にかなわないし……」(映画記者)
 栗山と小雪は、菊地の出現にさぞかし驚いたことだろう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000003-gen-ent&kz=ent
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。