スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

大気社 26億円粉飾 空調設備大手

 空調設備大手で東証1部上場の「大気社」(東京都新宿区)が、経費を不正に圧縮するなどして、総額約26億円の連結経常利益を水増ししていたことが分かった。告発文書を受けて設置していた社内調査委員会(委員長・中矢義郎社長)の調べで決算の粉飾が判明。同社は2日午後、06年3月期までの5期分の有価証券報告書について訂正報告書を関東財務局に提出するとともに、07年3月期の中間決算短信などの訂正も行う。
 上場企業の決算を巡っては昨年12月、日興コーディアルグループによる約188億円の連結経常利益の水増しが発覚。証券取引法違反(有価証券届出書等の虚偽記載)で5億円の課徴金納付を命じられるなど、不祥事が相次いでいる。
 大気社によると、不正経理の舞台となったのは関東地方などのオフィスビルの空調工事を担当する「環境設備事業部東京本店」など。下請け業者に工事を発注した際、支払った施工代金の計上時期を翌期以降にずらして経費を圧縮したり、工事代金の支払い時期を迎えているのに、支払いを遅らせるなどの手口で利益を水増しした。
 同社は06年3月期までの5期で、毎期約46億~約63億円の連結経常利益を計上していた。しかし、それぞれ3300万~11億9100万円が水増しと判明。さらに07年3月期中間決算短信の連結経常利益も1億3500万円水増しされ、粉飾総額は26億3400万円に達するという。
 昨年12月、不正会計を指摘する告発があり調査を開始。既に「不適切な会計処理があった」として、山本広社長(当時)が1月1日付で引責辞任している。同社管理本部は「あってはならないことで、関係者の皆様に迷惑をかけ、おわびしたい」としている。
 民間の信用調査機関によると、大気社は1913年創業。自動車塗装設備業では全国1位で、主力の一般管(配管)工事業は4位。【堀文彦】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070202-00000070-mai-soci&kz=soci
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。