スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

『Vista』は Dell を救うか?

Bill Gates 氏は、Michael Dell 氏の不振にあえぐ会社を浮上させられるか? 金融アナリストは、Microsoft の新 OS『Windows Vista』がパソコン市場復活の引き金になるかもしれないと考えている。

Dell ( NASDAQ:DELL ) は1月31日、CEO (最高経営責任者) Kevin Rollins 氏が辞任し、代わって Dell 氏が CEO 職に復帰すると 発表 したが、金融アナリストや業界観測筋は、このニュースを好意的に受け止めているようだ。トップ交代の背景には、ここ最近 Dell にとって悪いニュースが相次いだことがある。その極めつけが、同じく31日に発表された、2007年会計年度第4四半期の売上と利益がアナリスト予測を下回るという業績見通しだ。

Merrill Lynch のアナリスト Richard Farmer 氏のレポートによれば、Dell 氏の CEO 復帰は、この先に「重大な変化」が控えていることを示すものだという。Farmer 氏は、Dell 氏が今後、提携/合併/買収/売上モデルなどに関する新戦略を推し進めていくと見ている。Gartner のアナリスト Charles Smulder 氏は取材に対し、Dell 氏が過去にも用いた手法、すなわち経営陣の刷新を行なう可能性が高いと話す。

Dell が不振に陥った原因は、小売市場での存在感に欠けていたことだ。Merrill Lynch によれば、小売市場は2005年以降、世界的に最も大きく成長している分野だ。消費者がじかにコンピュータに触れたがっていることを、Dell は理解していなかった。ABI Research のアナリスト Stan Schatt 氏によれば、小売業者 Costco Wholesale を通じて試験的にパソコンを販売しているものの、Dell が復活するには、より大規模な小売業者と契約し、ライバルの Hewlett-Packard ( NYSE:HPQ ) に近づく必要があるという。

Dell にとって救いとなりそうなのが、2008年に中小企業 (SMB) 市場や大企業市場で Vista の導入が本格化することだ。Merrill Lynch によれば、SMB では2007年中に Vista の導入が始まり、より規模の大きな企業については、Vista にアップグレードする企業数が2007年には1%をわずかに超える程度だが、2008年には16%にまで急増するという。

だが、Vista 搭載パソコンでは、Dell の求める弾みがつかない可能性もある。Vista はどちらかといえば、一般消費者向けにデザインされた OS だと Schatt 氏は指摘している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070202-00000007-inet-inet
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。