スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

高槻白骨遺体 浜中容疑者が「殺害共犯」と杉本容疑者脅す

 大阪府高槻市の古墳の貯水槽からアルバイト、佐々木優志さん(23)の白骨遺体が見つかった事件で、知人の浜中光秀容疑者(22)が佐々木さんを殺害した後、杉本雄大容疑者(21)に「事件のことを話せばお前も捕まるぞ」と口止めをしていたことが分かった。杉本容疑者から現金数十万円を脅し取っていたことも判明。府警高槻署捜査本部は、浜中容疑者を殺人、銃刀法違反容疑で4日に再逮捕し、杉本容疑者に「殺害の共犯」と思い込ませて脅したとみて追及する。
 一方、大阪地検は2日、両容疑者を死体遺棄罪で起訴した。
 調べでは、浜中容疑者は昨年9月1日未明、同市の阿武山古墳で、杉本容疑者に佐々木さんとけんかをさせた。その後、1人で佐々木さんを古墳敷地内の別の場所に連れて行き、サバイバルナイフで刺し、首を絞めて殺害したとされる。さらに、杉本容疑者に殺害の事実を告げ、一緒に遺体を貯水槽に捨てていた。
 浜中容疑者は事件当日、凶器のサバイバルナイフのほか、遺体を埋めるためにスコップも用意したが、地面が硬く、掘るのはあきらめたという。さらに事件後、杉本容疑者を消費者金融に連れて行き、現金数十万円を引き出させて、大半を脅し取っていた。浜中容疑者は佐々木さん殺害の理由を「親しかったのにだんだん反抗的になり、話した秘密を漏らしていると思った」と供述している。【隅俊之、小林慎】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070203-00000022-mai-soci&kz=soci
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。