スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

落石 20個が民家直撃、逃げる際にけが

 3日午前8時ごろ、和歌山県湯浅町湯浅、会社員、武田忠義さん(63)方の北側斜面が崩れ、岩や土など約20個が木造平屋建ての家屋を直撃。壁が破れて居間がめちゃくちゃになり、一部は南側の玄関にまで到達した。武田さんは出勤後で不在。妻の道代さん(41)が1人で居間にいたが、落石に気づいて逃げ出して直撃は免れた。その際、頭などに約2週間のけがを負った。
 落石に気づいた通行人が119番通報した。県警湯浅署によると、岩は最大で約3メートル四方、厚さ約2~3メートル。現場は県が「山腹崩壊危険地区」に指定していたが、北側の斜面に防護さくなどはなかった。【栗原伸夫】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070204-00000011-maip-soci&kz=soci
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。