スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

どこに行く? 終了間近の「NTT ドコモ PHS」ユーザー

NTT ドコモは2005年4月で PHS サービスの受付を 終了 、また昨年1月には、2007年度第3四半期を目途にサービスを終了するというアナウンスを行っている。

この事態を PHS ユーザーはどのように受け止めているのだろうか。

インターネットコム株式会社 と JR東海エクスプレスリサーチ が行った NTT ドコモの PHS サービス終了に関する調査によると、現在 PHS サービスユーザーは携帯ユーザー全体に対して5.4%を占めており、サービス終了後、利用する予定の携帯電話サービスは、「NTT ドコモ FOMA」「ウィルコム」「NTT ドコモ mova」の順だった。

調査対象は、官公庁、地方自治体、民間企業に勤務する20代から60代の男女330人。男女比は男性76.7%、女性23.3%。年齢別では、20代17.9%、30代37.9%、40代34.2%、50代8.5%、60代1.5%。地域別では、北海道0.0%、東北0.6%、関東45.5%、甲信越1.2%、東海29.7%、北陸0.6%、近畿17.6%、中国1.8%、四国0.9%、九州沖縄1.8%。

全体330人のうち、PHS を含む携帯電話ユーザーは90.3%(298人)だが、この298人のうちの5.4%(16人)が NTT ドコモ PHS ユーザーだ。

16人に NTT ドコモ PHS サービス終了についてどう思うか聞いた見たところ、「残念だが仕方がない」(50.0%、8人)がトップ、ついで「納得できない」(25.0%、4人)、「当然だと思う」(12.5%、2人)という結果になった。

また、NTT ドコモ PHS サービス終了後、利用する予定の携帯電話サービスは、「NTT ドコモ FOMA」(25.0%、4人)、「ウィルコム」(18.8%、3人)、「NTT ドコモ mova」(6.3%、1人)だ、と回答している。

NTT ドコモの別のサービスか、あるいは他社の PHS サービスが選択され、au やソフトバンクモバイルがまったく選択されていないのは、どういうわけだろうか。(調査協力: JR東海エクスプレスリサーチ )
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070205-00000007-inet-inet
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。