スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

知事選 堀幸光氏が共産公認で出馬へ 三上誠三氏も立候補の意向

 任期満了に伴う知事選(5月17日告示、6月3日投開票)で、共産党県委員長の堀幸光氏(58)は6日、県庁で記者会見し、「県民が主人公の県政に変えることが大事」と述べ、共産党公認で出馬することを表明した。また五所川原市の会社役員、三上誠三氏(57)も同日、近く無所属で出馬を表明する意向を示した。知事選で現職の三村申吾氏(50)=自民、公明推薦=以外に立候補を表明したのは堀氏が初めて。
 共産党県委員会は昨年秋から独自候補の検討を始め、1月末に正式に堀氏に決まったという。堀氏は▽格差と貧困をなくし、県民の福祉を守る方向に変える▽市町村合併の住民切り捨ての流れを止める▽核燃施設や米軍基地問題で、国や事業者に見直しを求める――など県政の課題を挙げた上で「三村知事でできない県政を目指して選挙に臨む」と述べた。
 ただ、堀氏は、民主党が擁立を模索している独自候補が決まった場合について「(共闘は)絶対ないとはいえない」とも述べ、出馬せずに共闘する可能性を否定しなかった。
 堀氏はこれまでに参院選青森選挙区で3回、五所川原市長選で2回、衆院選青森1区に1回立候補している。
 一方、三上氏は「このままでは三村知事のワンマン体制になる。県内産業は農業中心だが、農家が困っている。農家のため、県民に希望を与えたい」と述べ、雇用拡大や企業誘致を訴えていく意向を示した。
 しかし、三上氏は05年の五所川原市長選出馬時に田名部匡省・民主党県連代表の支援を受けたため、田名部代表が出馬した場合、「市長選で世話になった」として出馬を取りやめる可能性を示唆した。【長谷川典義】

2月7日朝刊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000070-mailo-l02&kz=l02
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。