スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ルナマリア・ホーク

ルナマリア・ホークは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する、架空の人物。担当声優は坂本真綾。

ザフトのミネルバ所属のMSパイロットの一人で、赤服を着用するエリートパイロット。また、メイリン・ホークの姉でもある。
個人データ
人種:コーディネイター
誕生日:C.E.56年7月26日
年齢:17歳
星座:獅子座
血液型:A型
身長:164cm
体重:46kg
髪色:紅(ワインレッド)
瞳:青紫
髪型:毛先はふわっと丸く、個性的なショートカット。前髪の右分け目近くからアホ毛がかかっている。
前作登場のニコル・アマルフィ、フレイ・アルスターと同年である。

劇中での活躍
C.E.71年の第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後にザフトに入隊し、兵士養成学校を優秀な成績で卒業したことにより、トップガンの印である赤服着用を許される。シン・アスカより1年年長であるが、レイ・ザ・バレルと共に兵士養成学校では同期である。なお、射撃・水中戦・デブリ戦に関しては苦手としている事を劇中で自ら述べている。

勝ち気で明るく、活発な性格。何事も意欲的に取り組む才色兼備な優等生である。また、制服を可愛く改造する等、オシャレに余念がない。

兵士養成学校卒業後、MSパイロットとして妹のメイリン・ホークと共に建造中の新型戦艦ミネルバに配属となる。ミネルバの進水式のためにアーモリーワンに滞在していたが、地球連合軍の特殊部隊ファントムペインによる新型ガンダム3機の強奪事件に遭遇し、追討任務を命じられたことによりその一員として参加する。

搭乗機はトップガンのみ許されているパーソナルカラーに塗装された赤いザクウォーリアにガナーウィザードを装着しガナーザクウォーリアの状態で出撃する。ただし射撃が苦手な彼女が何故射撃に特化されたガナーウィザードを好んで使うのかは未だ謎に包まれている。

アーモリーワンにおける新型ガンダム強奪事件において、オーブ連合首長国代表カガリ・ユラ・アスハとその護衛アレックス・ディノ(アスラン・ザラ)が損傷したザクウォーリアでミネルバへ緊急退避して来た際には自ら尋問を行う。その後カガリとアレックスを士官室へ案内する際にうっかりカガリがアレックスに対し「アスラン」と呼んだことで、アレックスの正体が元ザフトのエースであるアスラン・ザラであることに気づき、当初は彼の力量を知りたいため、やや挑発的な態度もとっていたが、徐々にアスランに対して興味を持ち始める。

ザラ党残党のザフト軍脱走兵によるユニウスセブン地球落下作戦(ブレイク・ザ・ワールド)においてミネルバが地球へ降下するまでの宇宙空域ではステラ・ルーシェの駆るガイアと互角の勝負を見せるなどしていたが、地球降下後は、なれない重力下での戦闘であった事もあり、苦戦する事が多くなった。

地球降下後はアスランに対し興味から敬愛に気持ちが徐々に変わるが、プラントでラクス・クラインの代役を務めるミーア・キャンベルや妹のメイリンなどライバルも多く、アスラン自身も気づかなかった。ディオキアのホテルでミーアが起こした夜這い騒動以降、アプローチは行わなくなったが、嫉妬心は抱いていた。(これは、ミーアの嫌味な態度に対する複雑な心中、との見方も出来る。)

ザフトと地球連合軍の戦闘にフリーダム及びアークエンジェルが介入してきたことにより、アスランがその真意を糺すためにキラ・ヤマトやカガリと会った際に、ミネルバ艦長のタリア・グラディスから会話内容の盗聴を含む監視を命じられる。アスランとキラの会話から現在プラントにいるラクスは偽者で、本物のラクスはコーディネイターにより暗殺されかけた事を知ってしまうが、その事をタリアやシンなどに伝えられず苦悩する。それでも、アークエンジェルへの考えなどで徐々にミネルバ内で孤立を深めるアスランを気遣っていた。

しかし、ギルバート・デュランダル議長にスパイ容疑を掛けられ、拘束されそうになったアスランはザフトからの脱走を決意、メイリンの機転と手助けによりグフイグナイテッドで基地から逃走するが、シンのデスティニーによってメイリンと共に討たれる。妹と尊敬する人を同時に失い(実は救助されているが)辛い現実に驚愕し、号泣する。それを気遣うシンとの距離が縮まっていった。

その後、シンから引き継いだインパルスに搭乗。ヘブンズベース攻略からオーブ侵攻に望み、インパルスを乗りこなせることを証明してみせ、活躍する。またレクイエム破壊作戦では、ブラストシルエット装備のインパルスで発射口に突入して本体を破壊するという困難な任務をやり遂げる。しかしルナマリアの心中は、デュランダルの打ち出したデスティニー・プランに戸惑いを感じており、シンに対してもメイリンを撃墜したという思いが残りながらも、ザフトの兵士としての義務を果たしたのだと自分を納得させようとする心と、レクイエム破壊作戦などで、危機に陥ると必ず助けに来るシンに頼もしさを感じる心などが入り混じった状態であった。

そんな迷いを抱えたまま、アークエンジェル率いるオーブ軍第二宇宙艦隊とエターナル率いるクライン派の同盟勢力との決戦を迎え、エターナルに乗艦しているメイリンと再会。メイリンに、なぜ誰が本物のラクスかも分からずに戦うのかと問われ、動揺してしまう。

戦闘が進む中、インフィニットジャスティスを駆るアスランと再会。大切な妹が反逆者となった原因の彼を許すまじと激怒し、攻撃を仕掛けるが歯が立たず、わずかニ撃でインパルスの戦闘力をほとんど奪われてしまった。

そこにアスランを追撃するシンが助けに入り、ルナマリアは2人の死闘を見守る。やがてシンを説得するアスランの言葉に心を動かされ、2人を止めようと感情を爆発させて突進するシンとアスランの間に割って入る。しかし、ルナマリアの無謀とも思えるその行動は、結果的にシンに幻覚を見せて錯乱させる事になり、SEEDを発動させたアスランに間一髪で助けられる結果となる。機体を大破させられて月面に落下したデスティニーから助け出したシンに寄り添い、無事と分かり二人で涙する(発言の中にオーブが無事だった、という意味合いの言葉が含まれていることから、オーブの無事に対する安堵に近い感情も含まれているのではないか、との指摘も受けている)。

その後FINAL PLUSや小説版ではシンとともにオーブを訪れメイリンと無事に再会し、アスランとも和解している。

スペシャルエディションではシンと共に引き続きザフトに所属しており、シンと同様隊長クラスに昇進したと思われる。


主な搭乗機
ZGMF-1000 ザクウォーリア(専用機)
ZGMF-1000/A1 ガナーザクウォーリア
ZGMF-1000/K スラッシュザクウォーリア(高山瑞穂漫画版)
ZGMF-X56S インパルスガンダム
ZGMF-X56S/α フォースインパルスガンダム
ZGMF-X56S/β ソードインパルスガンダム(高山瑞穂漫画版・アニメ版ヘブンズベース戦)
ZGMF-X56S/γ ブラストインパルスガンダム(アニメ版レクイエム破壊作戦)
スポンサーサイト
アニメ・漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。