スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

愛の流刑地

愛の流刑地は、渡辺淳一の長編小説。2004年11月1日から2006年1月31日まで、「日本経済新聞」朝刊に連載。2006年に幻冬舎から刊行された。略称は「愛ルケ(あいるけ)」。新聞掲載時の挿絵は小松久子が担当。

かつては売れていた小説家と人妻との愛を描き、新聞掲載時から大胆な性描写などが話題になった。
あらすじ
かつて、恋愛小説の期待の星として脚光を浴びていた男、村尾菊治(むらお きくじ)は、10年近くにも渡り新作を書けず、現在では東京にて既に忘れ去られた小説家の一人となってしまっていた。

そんなある日、女友達の紹介によって、学生時代から自分のファンであった人妻、入江冬香(いりえ ふゆか)と出会う。『現代の大和撫子』を絵に書いたかのような冬香の容姿に、以前見た盆踊りを思い出し、彼女に強く心惹かれる事になる。そして、冬香をホテルに誘い込んだ末に、菊治は人妻である彼女と肉体関係を持ち、禁断の愛で結ばれてしまう。

その後も京都にて逢引を続け、肉体関係を繰り返す二人。冬香は、今まで夫には感じられなかった程の激しいエクスタシーを菊治との間で感じるようになる。更に彼女の夫が東京に転勤し家族共々東京で住む事になった為、冬香は菊治の住む千駄ケ谷の自宅へ通うようになる。次第に感じるエクスタシーが激しくなっていく冬香は、夫との肉体関係を拒絶する程までに、ますます菊治の愛撫を求める。そして、菊治とのエクスタシーの中で「首を絞めて殺して」と口走ってしまう。菊治は冬香の言葉に戸惑うも 彼女の首を絞め、愛撫の絶頂に達していく。しかし、ある日、菊治は望みどおり、いつもと同じように首に手をかけたのだが、思いもよらず彼女を殺してしまう。自分がおこした行為に茫然自失とする菊治。やがて、警察に通報し、自らが罪を犯したことを話す。そして、事件はマスコミが注目する中、裁判へと進んでいく。

懸命に冬香を愛した果てに殺してしまった菊治を待つ運命とは…?


登場人物
この節は、書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
村尾菊治(むらお・きくじ)
主人公。55歳、処女作『恋の墓標』がヒットするなど、かつては名声のある作家であったが、3作目を境に売れなくなり、すっかり文壇から忘れ去られた存在になっている。大学の臨時講師、雑誌のアンカー、果てはゴーストライターとして生計を立てている。もう一度、『恋の墓標』のような作品を書きたいと思うもなかなか書けずにいたが、冬香との出会いで新しい作品を作り出そうと決意。『虚無と熱情』を書き上げるのだが…。
入江冬香(いりえ・ふゆか)
36歳、3人の子供を持つ主婦。夫とは不自由ない家庭を築いていたはずだが、彼女は愛に飢えていた。そんな中、菊治にであい、真実の愛を知っていくことになるが、同時に夫との関係が・・・。


スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。